山奥寒村お食事処 新館 [Information] [link] [SS] [つれづれレビュー] [過去の暇潰しレビュー] [お食事処 旧館]

お食事処館長 task17@mocha.ocn.ne.jp since 1999/10/12          Welcome visit

  お食事処館長暇潰しレビュー  2008年 12月

□ 08/12/24 「更新情報・未完成Ver.4(年末はこれで押し通します)」
□ 08/12/04 「Flashゲーム・都道府県大戦(こう言うのには弱い)」
Index に戻る

「更新情報・未完成Ver.4(年末はこれで押し通します)」 2008/12/24


 週刊少年サンデー 第1号+2・3+4・5合併号

絶対可憐チルドレン 154th sense 家に帰ろう(3)・155th sense 家に帰ろう(4)・156th sense 家に帰ろう(5) 椎名高志著

ノーマルなグレートマザー軍団と、バベル任務群、そしてパンドラという三大勢力が、ここレッドクリフホテルで激突!!

激突!絶チル版 赤壁の戦い(萌えアニメ・マンガ風水学)

 史上最低の作戦が、何時の間にやら三大勢力の不時会敵戦に!:

 しかし、マップをタブレットで直描きしてたら力尽きました(持病←ダメか…) よって文章は週末空け辺りに。 つかタブレット買い直す!今使っているタブレットはマウスもヘタっているし、ペンの誤差もヒドすぎてフリーハンドではもう使い物にならない!(そろそろ更新時期だし、Intuos 3 PTZ630に決めた、そうしよう)

 追記の追記の追記の追記:むしろ、次号を見定めてからレビューを記述した方が賢明かもしれません…やはり賢明でした。 

 GS美神 極楽大作戦!!でのエピソード「史上最大の臨海学校!!」以来、爾来十年、椎名先生の軍的パロディーレヴェル(館長のモノサシで見たレヴェル)がどこまで向上したか、このミフネしかと見定めようぞ(タイラーのミフネ中将風に)

 では、作戦開始。


乱戦! B.A.B.E.L. VS P.A.N.D.R.A.(勝者は誰だったのか……)

激突!絶チル版 赤壁の戦い(皆本のお見合い戦はこれからだ)

 トビラ:

 ハシラの煽り文句は逸品。 しかし、段々桐壷局長がノーマルに見えなくなってきたが、短期集中連載時からそうだったから気にすることもないか(そうか)

 菜々子、小学生Ver:

 こういう大人びた小学生って、結構居ましたよね(30年程昔を回想しながら)

 横浜みなとみらい付近上空:

 色々ありましたが、葵ちゃん、テレポート跳躍!

 トリプルブースト!サイキックぅぅぅ―――一網打尽!:

 項目が前後しますが、このブースト攻撃で立ち上がった火柱(?)を、横浜ランドマークタワー(リンク先・スカイガーデンビュー)の手前から望見したコマがあります。 これによって、この見合い場所・レッドクリフホテル(仮)のおおよその位置と距離が分かります。 ビル上部外壁面の方位が良く分りませんが、何れにせよ遠影を見る限り、その相対距離は10,000メートルから20,000メートルの間と思われます。

 その結論:

 エスパー葵ちゃんのテレポート跳躍距離と能力は、既に魔美ちゃんを越えている!

 葵ちゃんが持っている、テレポート能力の世界記録(非公式ながらも)は、魔美をも越えた!

諸君!私は魔美ちゃんを超えた葵ちゃんが大好きだ。

 紫穗…愉しそう?:

 敵対勢力に向かって実弾を撃つ(バラ撒く)機会がやっと巡ってきた為か、指輪の通信機で皆本に現状報告する声も幾分弾んでいるような気がします。 むしろ愉しそうに撃ちまくりデスね紫穗ちゃん! ……何とも業の深いオンナだと思います(合掌)

 レッドクリフホテル(仮称)上空にヒュパ完了:

 その俯瞰のバックミュージックには”パリは燃えているか”が似合いそうです。

 不時会敵戦!:

 恐らく、この衝突の直接的な原因は不時会敵。 ばったり会っちゃったんでしょうなあ(兵部は皆本が戻ってくる十数分前に現場にテレポートしてきたと思われる)

 兵部と皆本:

 兵部「ウイハブリターン!(We have return.)」 皆本「ゴーツーヘル!(Go to hell!!)」

 パティーの場合:

 やおいが嫌いな女の子は居ませんっ!(AA略)

 澪の場合:

 さて、澪のテレポート跳躍距離はどうであろうか。 まあ、この娘はテクニカルな方に特化しているから単純に距離や回数、質量で計るのは正しくは無かろう。

 マズい三人揃った!(パンドラ陣営・兵部の場合):

 諸兵力を纏め撤収を難無く完了。 やはり元軍人さんは違うね!(撤収程難しい作戦はない)

 マズい三人揃った!(バベル陣営・蕾見の場合):

 え?ちょ!ちょっと待って…同士撃ちですか!同じ元軍人さんだったのに、ヒドいよ蕾見管理官!

 勝者は誰だったのか?:

 なおも、お見合いを続行せんと意気軒昂なグレートマザー(皆本ママン)とグレードババー(槍手)さんでは無かろうか。

 戦い済んで日が暮れない:

 不時会敵で両者混乱しつつ、銃撃戦とESP打撃戦を遂行するも、バベル・パンドラ双方とも相手側に決定打を与える事が出来無かった模様。 尚、民間人の死傷者は居なさそうではある(そもそも民間人が居たかどうか疑問ではあるが) ただしバベル側は、連絡の不備と混乱のためか、ザ・チルドレンのトリプルブースト発動に際し退避が遅れ、ブースト波の直撃をモロに受けることになった。 バベル側の損害の全部は、ほぼこの時に発生した模様。

 損害:

 バベル側
 健在 皆本 葵 薫 紫穗(ザ・チルドレン)
 負傷 桐壷・柏木・賢木・蕾見 隻眼の隊長以下Aチーム要員のほぼ全部(しばらく戦闘不能)

 パンドラ側
 殆ど損害無し。
 負傷 パティー・クルー(萌え鼻血)

 諸葛亮孔明群(←ジャーンジャーン)
 殆ど損害無し。
 槍手、皆本ママン、若山菜々子、まだまだ意気軒昂!

 隊長のぼやき:

 そろそろ、この隊長にも名前を!○○(仮)を我を求め訴えるなり(うるさいよ)

 総括:

 今回の展開で、一番美味しい思いをし喜悦に震えていたのは紫穗でしょう。 満面の笑顔で銃をぶっ放す紫穗には絶頂すら覚える。

 さぷりめんと:

 とりあえず、パティーと葵とティムとバレットは気が合うと思います。 色んな意味で。

 番外(口あんぐり描写):

 今回は賢木が担当。 これもなかなか。

 絶対可憐チルドレン 第十五巻 コミックス(番外その2):

 買った、読んだ、萌えた!

神のみぞ知るセカイ FLAG 34 つみき☆くずし 若木民喜著

 桂木麻里さん年はヒミツ:

 FLAGのナンバーにちなんで34歳(仮)で、若作りの熟女と言うことで。

 神のみぞ知る超特大ポスター:

 とりあえずポスターは好きなので申し込みました―――!

 FLAG 34 総括:

 若木先生には熟女を描く才もあったとは…若木…なんて恐ろしい娘(←娘?)

つか、サンデー誌上に、熟女+ママンブームが来るね?(来るの?)


書籍(定期購読分・他単行本)

1.電撃HIME 01月号

 :天祐を確信し、全軍有明戦域に突入セヨ(←この時期のこれ系雑誌は、軒並みこんな風だから)

 さて置き、冬コミ前になると、内容が薄くなる(色んな意味で)のはしょうがないですなあ。

2.メガミマガジン 01月号

 :これから起こるであろう、メディアミックス誌の統合・再編の波を乗り越えていけるか心配です。

3.電撃文庫マガジン Vol.5

 :メディアミックス誌が目指す、一つの方向性を具体的に示した雑誌と言える。 

 hpの頃に比べて文字の数が激減しているのはしゃあないか。

4.コミックエール Vol.9

 :何かこう、一つ足りない気がする。

5.おねがい朝倉さん 第8巻 大乃元 初奈 著

 :第一巻からの読者として思うに、神田さくらの焦り振りを描いたエピソードが、段々ギャグに見えなくなってきてます。

がんばれ神田さん!(掛け声)

 :朝倉さんの天然性は更に進行している気がしました。 つか幾ら何でも、ミシン針で指をズシャ!は無いと思います。 

でもまあ朝倉さんだし許す!(誉め言葉)

 :相変わらずのマイペース振りで、自分のポリシーを押し通している東くんは、ある意味逸材かと思います。

童心という物が如何に大切かを、その身で体現しているキャラであるから(誉めてます)

 :栗原くん、遂に一人用鍋を持って、対朝倉・天然打破作戦要綱(仮称)に基づく長期持久体勢の覚悟を完了。 

 がんばれ!栗原くん!(←煽り)

 :第七巻から登場した期待の新人牧田さん、何かと影が薄いのですが、それ故に上手くハマったキャラと言えましょう。

 在来キャラが異様に濃いマンガ世界に、改めて新規キャラを入れた場合、たいてい二種類の結果しか招かない。

直ぐ消え去るか、影絵の如く綺麗に浮かび上がるか……である。 

6.謎の彼女 X 第四巻 植芝 理一 著

 :卜部!卜部!(←萌えているらしい) とにかく面白い、唸る程に。 この作者ってのは相当な強者だね(マジで)

7.さよなら絶望先生 第15集 久米田康治 著

 :……うーん、久米田先生も、もう限界なのかも知れません。 よかった探し(専門用語)すら出来ませんでした。 次巻に期待。

がんばれ!久米田先生!(おねがい!朝倉さん風に)

8.絶対可憐チルドレン 第一巻〜四巻 椎名高志 著(何故?)

 :お手つき(専門用語)ではありません! これには深い言い訳があるのです。

 馴染みの本屋で、絶チルコミックスの平積み分が払底(もしかしたら平積みを廃止?)、棚にだけ第1〜4巻が一冊ずつあり、その間の巻は綺麗に抜け第12巻が一冊だけという久米田式糸色望状況に遭遇したからなのですよ!久米田先生!(何故) 

この状況を見て買わざるは糸色望萌えGI将官に非ず!

 そして、この糸色望最終奥義を繰り出したからには、絶チルコミックスの増版は掛かりますよね!よね!久米田先生?(念押し) 

 :ちなみに各巻の版は以下の通り。

 第一巻 2008年11月20日 第八版発行 
 第二巻 2008年02月20日 第五版発行
 第三巻 2006年02月15日 初版 第一版発行(←何故や…なぜ初版第一版が残っているんや!糸色望した―――!) 
 第四巻 2008年06月20日 第四版発行

さて置き、絶対可憐チルドレン 第十五巻は、2008年12月18日発売!(宣伝か?)

 総括:

 マンガもイラストも紙に限るよな?倉田英之先生?(カナカナカナカナカナタ…)←亡霊化


 ・TVQ (アナログ地上波・地上デジタル)

1. とらドラ! (日) 26:30〜 第11話「大橋高校文化祭 前篇」

 寸評:ズルい、なんで最後でこう言うエピソードを持ってくるかなあ。

  三十路投入で、すっかりやさぐれてしまったゆりちゃん先生に同情する館長的に言えば(長い)、大河の言っている「私を捨てた父親云々」って罵倒は、彼女が竜児の事を思って言っているのであって、竜児がBパート後半で大河に示した「優しさ(と、竜児は思っている)」は、すべからく、その感情を逆撫でするデリカシーに欠けた行為でしか無いのです。

 つか、それを鑑賞していた館長は「ああ竜児、若い若いな…女心が分かっていないっ」と笑みが漏れてしまう程でした(←オヤヂ) 

 さて今回、初登場した大河の父親は、娘を理解出来ず、既にジャマな存在になってしまった父親(男)として登場させられて居たのがスゴいです。

 その観点から言えば、大河の前に竜児が出現し、その仲が段々深まった辺りから、彼女が繰り返して言う「父親(男)への悪態」の中身とは徐々に変質して居る訳で、要するに大河が良く口にする「私を捨てた父親」と言う台詞の中身は、既に「私に捨てられた男(父親)」へと変わって居る訳です。 

 と同時に父親と同性である竜児に対する好意の裏返しであり、優しさ(男のプライドを立てる・竜児は全く気が付いてないが)の表現でもある訳です。 まあ簡単に言えば、掴まえた男(竜児)の前で、自分の父親(男)のことを良く言う女(大河)は居ない訳です。 問題としては、それに全く気が付かず「自分の父親」をもって「大河の父親」を見、更に今までの経緯を全部五和讃にして大河に説得を試みる竜児とは相当な天然さんではないかと思った次第。

 それは、ラストでのやりとりで明瞭に表されています。

 大河「もういいよ、あんたがそういうんなら…だから、もうそんなツラするんじゃない
    「いいこと…なんでしょうよ? そう思うことにするよ、思えるかどうかわかんないけど」
    「でも、アンタが言うからそう思うことにする

 竜児「良かった…良かったんだ絶対…だろ?」

天の声(←館長)「馬鹿かい君は、むしろその愚かさは策かな?(変態モノ書き紫呉っち風に)」

 つか館長は、TVシリーズ開始時の評で「何でこれほどまでに女性であることを放棄した〜」という記述で、大河というキャラクタ性を評しましたが、最後の最後で、こういう「父と娘、男と女」を表現したエピソードを繰り出すスタッフと原作者は本当にズルいと思いました。

 ……とかエラそうなことを記述している館長も、実際の処、人のことは言えませんがね(石を投げないでください)

 声優につひて:堀江も上手くなったなあ。 釘宮は2002年のムルモ役以来か…2001年以降に輩出した声優も大体固まったかな。

2. かんなぎ (月) 25:53〜 第10話「カラオケ戦士・マイク貴子」

 寸評:中原麻衣(紫乃)が何故に唄わん!(原作がそうだから) それはさて置き、ミルモシリーズ二期のキーキャラであった江口沙織を演じた早水リサが、こんな炉利ッ娘ヴォイスを出せるなんて、なんて恐ろしい娘なの!

 それにしても2003年以来、久しぶりの中原麻衣・早水リサ、花の共演であった。 あの当時は中原も早水も駆け出しの(以下略

3. 今日の5の2 (月) 26:53〜 第09話「第四十時限目・他三本」

 寸評:ようやく主要キャラクターの名前と顔が一致しました―――!(マコちゃん風に) 要するに「七人のナナ」と同じく、将来の花形声優候補のいい練習場ではありますな。 

 歴史はまた繰り返すのか?(館長の記憶に依れば、アニメは大体五年周期で輪廻する)

 ・RKB (アナログ地上波・地上デジタル)

4. CLANNAD−クラナド−〜AFTER STORY〜 (土) 26:40〜 第09話「坂の途中」

 寸評:何というか、ようやく本題に入りますか。

 つか、ここでも渚の中の人は中原麻衣ですよ?ミルモの楓役→カレイドのメイ役+北都南(ひと美)からの教育(あったかどうかは不明)もまた、2002年〜2003年であった。 ふう、何もかも皆懐かしい(逝く)

 TVQ(アナログ地上波・地上デジタル)

5. 絶対可憐チルドレン (日) 10:00〜 第三十六話「男子禁制・天使たちの午後」

 寸評:天使たちの午後と言えば、館長の世代では、あの名作レズアニメしか思い浮かびません(ダメ) しかしながら、上手いオリジナル回であったと思います。 

 ・AT-X (CS)

6. 絶対可憐チルドレン (日) 07:30〜 第三十四話「朝蠅暮蚊・皆本が手をする足をする」

 寸評:良く出来ている。 シナジーも上手くなったなあ。

7. ef-a tale of melodies. (金) 13:30〜 第五話 「05.utter」

 寸評:ドイツ語はちょっと。 OPに表示されるドイツ語文をキャプチャし読解しておりますが、独語の辞書は大学以来使っていないしなあ。 つか、なんでドイツ語?音楽の都ウィーン=ドイツ語圏つう意味での演出だろうけど、もうちょっと訳す人の事を考えて欲しいな(←暇人) つか、ドイツ語は教授のお情けで可だよ可!(うるさいよ)←大学の学籍番号と評価は一生付いて廻ります。

 総評: ラノベのアニメ化ブームは、ほぼ終息したと思う、同時にラノベ量産体制も終了したと思う。 今後のラノベ業界は、より質の向上を求めて少数精鋭(ほぼ出揃っている)化+メディアミックス路線の洗練+掲載誌の再編が進むだろう。 つまり現在のアニメ戦略は行く処まで行った訳である。 しかし館長は五年程前にも同じようなニュアンスの言葉を、このお食事処で記述しているのである。 つまり、アニメの将来に対し不安は殆ど無いと思う。 極まれば通ずとも言う、それは東洋史学(中国史)からも伺えることである。    


灯油の値段変遷(2001年12月〜2008年12月)

 灯油暴落(安堵) 2004年12月の水準に下落。 対象店エッソ石油(個人経営・直営ではない)

 店頭価格・但し、館長は100リッタ単位で納入(配達)させる場合があるので、その分リッタ数円の誤差が生じる事に注意。

2001年12月  945円/20l ( 47円25銭/1L)
2002年12月  756円/20l ( 37円08銭/1L)
2003年03月  840円/20l ( 42円--銭/1L)
2003年03月米軍イラク侵攻館長候察記事)
2003年12月  882円/20l ( 44円10銭/1L)
2004年12月 1,102円/20l ( 55円11銭/1L)
2005年10月 1,417円/20l ( 70円--銭/1L)
2006年01月 1,638円/20l ( 81円90銭/1L)
2006年08月 1,881円/20l ( 94円--銭/1L)
2006年10月 1,554円/20l ( 77円72銭/1L)
2007年01月 1,482円/20l ( 74円11銭/1L)
2007年11月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年01月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年02月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年03月 2,016円/20l (100円80銭/1L)
2008年06月 2,226円/20l (111円33銭/1L)
2008年07月 2,562円/20l (128円10銭/1L)
2008年08月 2,751円/20l (137円55銭/1L)
2008年09月 金融不安が株式暴落を誘発)
2008年10月16日 2,260円/20l (113円00銭/1L・配達)
2008年11月01日 2,100円/20l (105円00銭/1L・配達)
2008年11月01日 1,890円/20l ( 94円50銭/1L・店頭)
2008年11月11日 1,680円/20l ( 84円00銭/1L・店頭)
2008年11月22日 1,575円/20l ( 78円75銭/1L・店頭)
2008年11月22日 1,417円/18l ( 78円75銭/1L・店頭)
2008年12月01日 1,606円/18l ( 89円25銭/1L・配達・100リッタ)
2008年12月10日 1,341円/18l ( 74円55銭/1L・店頭)
2008年12月17日 1,360円/18l ( 75円60銭/1L・配達・100リッタ)
2008年12月17日 1,260円/18l ( 70円00銭/1L・店頭)
2008年12月24日 1,190円/18l ( 66円15銭/1L・店頭)

(現在:店頭下ろし/1リッタあたり 現在66円15銭(税込み)、配達は75円60銭(税込み))
(2008年12月24日現在 原油スポット価格 1バレル 35ドル台)

業界筋からの情報によると、ちょっとヤバいかな?…だったけど方針変わったそうです。下げまくれ。

今年の冬は、ロシア情勢と同じく(しつこいですが、尚も候察中)、熱くそして暖かく暮らせそうだ(懐も)

館長宅 灯油備蓄量
給湯ボイラータンク 90リッタ :20リットル缶×3(60リッタ) :合計 150L 関連記事

=10月01日〜12月24日(冬季)現在までの消費量=

ボイラ:120リッタ 屋内暖房用:234リッタ 合計354リッタ(九州の冬はこれからが本番)

地球温暖化?

 :地球温暖化懐疑論

「二酸化炭素は悪の大魔王」という神話

二酸化炭素温暖化説と気温観測値の矛盾:二酸化炭素地球温暖化脅威説批判第一部


 今夜の教訓:

 順々繋げていきます。 書籍方面は次回(謎の彼女X 第4巻さよなら絶望先生第15集他)にでも。 そして、かなり間が空いている、知世さまの世界情勢候察講座は、日高義樹のワシントン・リポート(毎年年頭恒例・キッシンジャー)を見た後にでも(来年かよ…つっても米大統領の就任教書の内容を読まない限り何とも言えない) つか日高リポートを見ずして世界情勢を語る無かれ、この番組は日本唯一の有益な米国情報番組である。 そして、世界全ての情報は米国が握っていることを忘れると、日本丸の針路が直ぐにおかしくなるのは、過去の歴史が示す通りである(日英同盟破棄しかり←渋々ではあったが)。 そんな訳で戦略的思考とは何か 岡崎久彦著を、もう20年以上読み込んでいる館長である。

 しかし何でお食事処は、扱うコンテンツが、こんなに多いんだ(11年前の開設以来からの伝統)

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「Flashゲーム・都道府県大戦(こう言うのには弱い)」 2008/12/04


都道府県大戦 すずぬーと

 こういうゲームが、プラットフォームを選ばず、Flashと言うplug-inで出来るとは、本当にスゴい時代になったと思いますが、同時に何か寂しげな物を感じさせるものでもあります。 ゲームも遂に結晶化の時代に突入したと感じる次第。


 週刊少年サンデー 第52号

絶対可憐チルドレン 153rd sense 家に帰ろう(2) 椎名高志著

 寸評 絶チル版 グレートマザー襲来篇ですね!(挨拶)

 何というか、GS美神 極楽大作戦!!での「グレートマザー襲来」の雰囲気漂わせるエピソードであったと思います。

 つまり……もうすぐ、仁義無き戦いシリーズが始まるんですね!(ぉ)

 当時(1997年)の館長は「仁義無き戦い(その1)」を読んだ瞬間「あ、終わるのか、勿体ないな」と感じた思い出があります。 絶チルもそろそろカナ?カナ?(一番湯のカナタ風に)

 局長直属Aチーム:

 それ以前に、任務対象(皆本ママン)に面が割れている人(賢木)を、作戦地域に派出してはいけません。

特殊部隊の基本です(乾いた声で)

 皆本ママン:

 中年の女性を描くと、すべからくやり手な女性に仕上げてしまう椎名先生はお茶目だと思いました。

それはさて置き。

一体、皆本ママンは何歳だ!若作りなのか!熟女が好きなのか!(←それはお前)

 通信途絶!:

 鋭い視線で局長に状況を報告する柏木朧さんは、とことん強い女性だと思いました。

 諸葛亮孔明:

 横山光輝先生は三国志(別冊コミックトム連載・大判全42巻←所蔵)も描かれております。 さて、バビル二世の原作者は誰でしょう?(おいおい)

 一連のシーンにおける葵(三コマ):

 1コマ目「それって……つまり…」
 2コマ目「私のジャマはさせませんよ……!!」ってことやん!?(孔明のCVは葵の中の人で)
 3コマ目「アカン、こんなことしてる場合とちゃうわ!! 現場いくで!!」

 皆本孔明(造語)を妄想し、ジャーンジャーンとドラの音まで奏でた脳をお持ちだったのは野上葵ちゃんだと思いました。 故に葵は、パティと気が合うんじゃないかと思った次第。 ええ、葵ちゃんは腐女子の素養があるって思ってます、メガネだし!

 余録として、横山三国志での同人誌の大半は、やおい本だった様な……基本は孔明と周喩だったかな…(←ごそごそと書庫探検に向かう館長(別冊コミックトムの読者欄には、そんな情報が沢山載っていてデスね…)

 生理中?:

 少女マンガで生理ネタってのは、余り見たことがないなあ。 

 まあ、やぶうち女史の作品群は別格としても(当然でありましょう)

 ちゃお・ChuChu、寺(専門用語)でも、こう言うのは余りお目に掛かっておりませんね(2001〜2007購読)。

 グレートマザー&グレートババー:

 皆本ママンはスキンシップ、槍手婆は杖で……あの杖を振り回す爺様がモデルか!そうなのか(←もちつけ)

 葵ちゃんのアウトレンジ作戦:

 現在の葵ちゃんが持つ、ヒュパ一回における最大跳躍距離(単位:ヒュパ)は、いったいどれくらいなんでしょうか。 例えば魔美ちゃんの場合、その最大跳躍距離は、6000〜8000m(単行本8巻辺り)ですけど、葵ちゃんは連載終了までにそれを越えることが出来るのか心配です。

 さて置き、今回、超度7の解禁を皆本がしていない所から考えると(通常は超度4)、やはりヒュパヒュパヒュパと、バベル本部から細かくテレポートを刻んできた可能性が高いかもしれないなあ。

 葵直情急降下!(誤変換ではない):

 葵 斜め上方からのスクリューキック(えぐるように)
 紫穗 直上から、体重を載せた超重量スピンキック(蹂躙するように)

 何れにせよ、加速度の付いたキックにも関わらず、捲れないパンツ(間違い)スカートに深い遺憾の念を禁じ得ない館長であつた(←へんたいしんじゃえー)

 地球物理学に反しても、スカートは捲れないパンツは見えないと言う、テロ東ドクトリンが遂に椎名ワールドに!

 葵と紫穗、錯乱:

 私は取り乱す葵ちゃんが大好きだ。

 良く分ってらっしゃる皆本ママン:

 「メガネっ子が葵ちゃん、巻き毛が紫穗ちゃん!? あらまーかわいい!!」

 何という的確で素直な表現でしょうか!

 へーんしん(ヒュパ):

 お義母さまにモロバレ、取り繕っても、もう遅いのであつた(合掌)

 薫は来ない:

 皆本の動揺が余りにも唐突なのが気になりました。 保護者とは違う感情でも芽生えたのかな?カナ?

 葵と紫穗の位置:

 薫=皆本ラインとは絶対に侵すべからずの聖域であるので、今後のためにも、二人(葵紫穗)の処遇(落とし処)は早めに決めておくべきでしょうね。 椎名作品のキャラは手綱を緩めると、思いもしない行動や新しい顔を見せると原作者も言われてますしネ! 

 ……紫穗は余り問題はありません、葵はその雰囲気から「作者の意図しない行動を取る可能性が高い」と館長は考えております。

 根拠ですか? 勘です。

 バベル・対皆本お見合い監視作戦:

 □ CIC 中央情報センター 

 本部長 桐壷局長 
 指揮管制担当 柏木一尉 

 戦線離脱 明石 薫

 ○ ESP戦対応部隊

 ▽ ESP戦部隊 第101武装ESP・SS任務隊 葵&紫穗

 戦果 皆本を撃砕。
 損害 お転婆振りがバレる。

 ▽ 諜報戦部隊 局長直属Aチーム 総指揮官 賢木 隊長 隻眼のオッサン

 早々に正体がバレ、被害甚大戦果無し……。

 ……こうして、バベル史上、伝説と称される事となった「史上最低の作戦」は、本当に最低の滑り出しで始まった。。。

 さぷりめんとでの葵:

 なんだか、デフォルメチックに描かれる葵の表情がスゴく新鮮です。

 総括:

 アニメの放映中は、この路線で行くのかな。


灯油の値段変遷(2001年12月〜2008年12月)

 灯油暴落(安堵) 2005年10月水準まで下落。 対象店エッソ石油(個人経営・直営ではない)

 店頭価格・但し、館長は100リッタ単位で納入(配達)させる場合があるので、その分リッタ数円の誤差が生じる事に注意。

2001年12月  945円/20l ( 47円25銭/1L)
2002年12月  756円/20l ( 37円08銭/1L)
2003年03月  840円/20l ( 42円--銭/1L)
2003年03月米軍イラク侵攻館長候察記事)
2003年12月  882円/20l ( 44円10銭/1L)
2004年12月 1,102円/20l ( 55円11銭/1L)
2005年10月 1,417円/20l ( 70円--銭/1L)
2006年01月 1,638円/20l ( 81円90銭/1L)
2006年08月 1,881円/20l ( 94円--銭/1L)
2006年10月 1,554円/20l ( 77円72銭/1L)
2007年01月 1,482円/20l ( 74円11銭/1L)
2007年11月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年01月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年02月 1,932円/20l ( 96円60銭/1L)
2008年03月 2,016円/20l (100円80銭/1L)
2008年06月 2,226円/20l (111円33銭/1L)
2008年07月 2,562円/20l (128円10銭/1L)
2008年08月 2,751円/20l (137円55銭/1L)
2008年09月 金融不安が株式暴落を誘発)
2008年10月16日 2,260円/20l (113円00銭/1L・配達)
2008年11月01日 2,100円/20l (105円00銭/1L・配達)
2008年11月01日 1,890円/20l ( 94円50銭/1L・店頭)
2008年11月11日 1,680円/20l ( 84円00銭/1L・店頭)
2008年11月22日 1,575円/20l ( 78円75銭/1L・店頭)
2008年11月22日 1,417円/18l ( 78円75銭/1L・店頭)
2008年12月01日 1,606円/18l ( 89円25銭/1L・配達・100リッタ

(現在:店頭下ろし/1リッタあたり 現在85円(税込み)、配達は89円(税込み))
(2008年12月04日現在 原油スポット価格 1バレル 47ドル台)

業界筋からの情報によると、これ以上下がるとちょっとヤバいかな?…だそうです。

今年の冬は、ロシア情勢と同じく(現在候察中)、熱くそして暖かく暮らせそうだ(懐も)

館長宅 灯油備蓄量
給湯ボイラータンク 68リッタ  :20リットル缶×3(54リッタ) :合計 122L 関連記事

=10月01日〜12月01日(冬季)現在までの消費量=

ボイラ:85リッタ 屋内暖房用:100リッタ 合計185リッタ(九州の冬はこれからが本番)


冬季・アニメ戦域残敵掃討戦(D-VHS録画邀撃中物件・合計7本)

 ・TVQ (アナログ地上波・地上デジタル)

1. とらドラ! (日) 26:30〜 第09話「海に行こうと君は」

 寸評:ノーコメント(←かなり疲れているらしい) 

2. かんなぎ (月) 25:53〜 第10話「恥ずかしい学園コメディ」

 寸評:絶チルもそうだが、ネットに置いて、やおいにおける掛け算や、受け攻めの解説って、大体四年周期でやっている気がする。 館長の記憶(経験)では、1999年(黎明)→2001年(拡大)→2004年(飛躍)→2008年(結晶化)→黄昏?(←萌えアニメ風水学)

3. 今日の5の2 (月) 26:53〜 第09話「第三十六時限目・他三本」

 寸評:ノスタルジックなアニメだなあ。

 ・RKB (アナログ地上波・地上デジタル)

4. CLANNAD−クラナド−〜AFTER STORY〜 (土) 26:40〜 第07話「彼女の居場所」

 寸評:1期の方が面白かったような気がする(ヒデエ)

 TVQ(アナログ地上波・地上デジタル)

5. 絶対可憐チルドレン (日) 10:00〜 第三十五話「多情多恨・初音の家出」

 寸評:エピソードの構成(繋ぎ方)にむらが目立った回と言える。 それとは別に初音のキャラはアニメでも立たないと思う。

 ・AT-X (CS)

6. 絶対可憐チルドレン (日) 07:30〜 第三十三話「秋の行楽・ランチボックスは藪の中」

 寸評:葵薫紫穗のリックサックには、それぞれの属性「月」「星」「太陽」のワッペンが付いているが、それとは別にコピーライトのCが付いているのが非常に気になる。 BDでの夢邪鬼が、あのがしんたれ(原作者 女帝けもこびる)と呼んでいた、子豚の尻に付いていたCと同じ性質の物かは、恐らくハヤテ第二期で明らかになろう。

7. ef-a tale of melodies. (金) 13:30〜 第三話 「03.union」

 寸評:様子見かな?

 総評: 1月の改編に伴うアニメ放映予定表を見ると、当然ながら録画物件が少ない。 もうネタ切れだと思うんだよな、アニメ乱造。 とりあえず晦日と正月は録り溜め分をじっくり1話から最終話まで鑑賞することが出来そうだ。
   


 今夜の教訓:

 持病が悪化しつつあるので、、サンデー新年1号 絶対可憐チルドレン 154th sense 家に帰ろう(3) 椎名高志著 は、遅れます。 つか、更新処ではないですなあ(←人ごと?←もう慣れてますので) 

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る