山奥寒村お食事処 新館 開設十周年 [Information] [link] [SS] [つれづれレビュー] [過去の暇潰しレビュー] [お食事処 旧館]

お食事処館長 task17@mocha.ocn.ne.jp since 1999/10/12          Welcome visit

  お食事処館長暇潰しレビュー  2008年 04月


□ 08/04/18 「更新業務情報(四月・アニメ・書籍便覧)」
□ 08/04/06 「アニメ・絶対可憐チルドレン!(第一話評)」
□ 08/04/05 「アニメ・かのこん!(第一話評)」
□ 08/04/04 「もはや民主制の危機(どこまで無能をさらす吉田の猪子等は)」

「更新業務情報(春期・アニメ書籍便覧)」 2008/04/18

 昭和17年04月18日 ドーリトル中佐率いるB-25 陸上爆撃機が、空母ホーネットより発艦、東京初空襲。
 昭和18年04月18日 ブイン上空にて、前線視察に赴く為、一式陸攻(輸送型)二機に分乗していた、山本連合艦隊司令長官ら、連合艦隊首脳部が、P-38の待ち伏せに遭い、宇垣中将と若干名を除き、総員戦死(甲事件)

 特に、航空参謀樋端の戦死は、日本海軍航空隊の前途に暗雲を投げかけたものである。

「山本さんの代わりは居るが、樋端の代わりは居ない、日本海軍はもうダメだ」(某参謀談)

 という訳で、日本にとって四月十八日とはあまり縁起のいい日ではありません(挨拶)


 お食事処館長です、前々に描いた裏の山の整地と庭いじりをやっておりました、ビバ!老齢化! やはり、日本人は土(土地)と共にあるべきだね!土地と共に去りぬ!「疲れたわ……明日は明日の風が吹くわ」(スカーレットオハラ風に)

 よし、オーケオーケ?本題にはいるぜベイビィー(水迷宮の少女での豪蔵の発音風に)


 =アニメ録画戦域 春期威力偵察戦=

 □ 殲滅録画済みアニメ旅団

 ○ TVQ (月) 25:53〜 レンタル・マギカ (26話・G09 第760巻/N09 第767巻に13話ずつ収録) 評価A+

 ▽ 総評 映像が原作負けしたアニメといえるだろうが、それも止む終えなかったと思う。 それにしても幼なじみ属性とは、なんと強いものか、ほなみん可愛いよ穂波ん(結局それか)

 ○ TVQ (月) 26:53〜 みなみけ〜おかわり〜 (13話・O09 第768巻に収録) 評価B+

 ▽ 総評 本当に可もなく不可もないアニメであった、無印とは比べるのは酷と言うものであろう。 むしろ、ufotableに制作を任せて、みなみけ オルタナティブを作るべきであったと思う(双恋ファンを敵に回すような発言。

 ○ TVQ (水) 27:38〜 H2O 〜FOOTRINTS IN THE SAND〜 (13話・D09 第757巻に4話/Q09 第770巻に8話収録)

 ▽ 総評 真紀とはまじが人生の勝利者と言う事で。 はまじ可愛いよはまじ。真紀可愛いよ真紀(ダメ評)

 ○ ATX (木) 10:00〜 狼と香辛料 (全13話・P09 第769巻に収録)評価 B+

 ▽ 総評 アニメの表現力が、ラノベの文章表現力に負けた一例であろう。 しかし、これといって可もなく不可もなかったアニメである。 

 ○ ATX (土) 10:00〜 魔法少女リリカルなのは (13話・L09 第765巻に収録) 評価A+

 ▽ 総評 やっぱりフェイトちゃん可愛いよフェイト(結局)


 総括 全てのアニメが、いろいろな問題を抱えながらも及第点を取れている点は、スタッフの努力の産物であろう。 その反動か、4月開始アニメは、色んな意味で薄口であり小規模になっているのが難点であるが、これはアニメ制作の勢いが、攻勢終末点に達したと解釈するのが宜しかろう。


 □ 4月開始アニメ・持ち越しアニメ旅団(録画戦闘継続中)

 ○ ATX (水) 22:30〜 バンブーブレード (J09 第763巻に14話/R09 第771巻に現在20話収録)

 寸評 倉田英之脚本篇に突入。

 ▽ 倉田センセは、よく頑張ったと思う。 だからかんなぎ終わったら、R.O.D 12巻の書き下ろしに取りかかるんですよ? 読子さんが不憫に思うなら書くべきです、そう天佑を確信して!

 つうか虎の穴で100インチテレビとか言ってないで、まずはR.O.Dを書くべきですよ!倉田よ、お前は虎になるのだ!これは虎の社訓である!めっ!めいらじ!←古すぎ)


 ○ ATX (木) 23:30〜 ちっちゃな雪使いシュガー (K09 第764巻に14話/T09 第773巻に現在20話・6話)

 寸評 本当に良作のアニメである。

 ▽ シュガーはOPテーマもよい。


 ○ ATX (土) 10:00〜 魔法少女リリカルなのは A's (S09 第772巻 4話まで収録)

 寸評 はやて可愛いよはやて(なんでやねん)

 ▽ 天佑を確信し、全力魔砲少女を捕捉、これを確保完遂すべし。


 ○ ATX (土) 10:30〜 かのこん (Q09 第770巻 1話〜4話収録後、U09 第774巻より5話以降を収録)  

 第二話 「ひとつになっちゃう」

 寸評 今回、ちずるたんの、きつね色なしっぽと耳が出てこなかったのは実に残念無念であった(それかよ)

 ▽ 長門級 二番艦 犹守 望 人狼戦隊に編入

  コンパクトな乳の大きさは、ちずるの手のひらで覆い隠せたシーンから候察すると、手のひらサイズに適合していると考えられます。 そして今後も耕太を巡る、揉み合いガチンコちち勝負を、ちずる相手に展開するのであろうと考えるものであります(恍惚な表情で)←そんなにええんかったか!ええんかったのか?(CVは植田で) 


 ○ TVQ (日) 10:00〜 絶対可憐チルドレン (V09 第775巻・TVQ.ver 現在2話/W09 第776巻・ATX.Ver 実弾装填完了)

 ▽ 第二話 高枕無憂 バベルの塔はそびえ立つ

 寸評 館長はこの二話を見終わった瞬間、やられたと思った、恐るべし川口監督!畏るべし萌え作監、岩佐裕子!

 しかしながら(額に垂れた長髪を、物憂げに後ろに掻き揚げつつ)ワンカットのみ、そうあのワンカットのみが、彼らスタッフ、究極的には「メカニック担当」の限界を示した点が見逃せぬっ!


 それは、アバンタイトルにおける、薫のESP能力PVである。

 中隊規模で薫に迫り来る 90式戦車群を、テレキネシスで攻撃する一連のカットである!

その一連のカットは……なんじゃこりゃ!(松田優作風に)


 プラモデル部品の分解じゃねーぞ!CGに頼るからこうなるのじゃ、イマガキの再来かと思ったぐらいである。 ネ申も「作画陣にがんばれコール砲弾」を猛射しておるというのに、この体たらく。 まさに憂鬱を覚えた次第である←勝手)

 まったく、この様な不甲斐ないメカニック作画・動画陣・そして演出のままでは、今後展開されるであろう、「葵、はじめてのおつかい篇」において、その任務を妨害する為立ち上がった、悪の帝國ロシア・萌えるロリコンおぢさまプーチン首相(モロ生娘と再婚)が放つ、ロシア防空の守護神 Su-33 とのテレポート空中戦を描く事すら敵わぬであろう(言い切り)

 また、少佐や不二子ばあちゃんの戦中組の回想であった、二次大戦中における空母ホーネットもどきのエンタープライズ(館長も、椎名高志先生の目を見張るメカ的作画や、シナリオ挿入の技量向上に感嘆の念を示す次第である)の被爆シーンや、零式艦上戦闘機、ESP能力で撃墜されるF4F ワイルドキャット艦上戦闘機を描く事も難しいだろう。

 そして究極的には皇土防空戦での、兵部少佐VSグリシャム少尉(当時)乗機の、コメリカ軍 B-29・スーパーフォートレスを描く事も夢の又夢であろう(言い切り)←ヒデエ


 まさに、シナジーのメカニック担当は、鳥海監督作「エリア88 OVA+劇場版」のDVDを擦り切れるまで鑑賞し、参考にすべきであろうし、同時に新谷かおる著「エリア88全巻」の読破も肝要であろう(エラそう)

 しかし、館長は徒に戦車のシーンのみをあげつらい、アニメ制作陣を貶めているのではない。 真意は実は別の処にある。 それは、アニメ制作支援機材がどんなに進歩しても、それを操るのは、そしてアニメを作るのは人であるという点である。 そして、機械の処理に過度に偏重したアニメ制作は問題の解決に対し、希望された効果を決してもたらさない。 これは軍事や諜報・候察の世界でも未だ真理であり常識である(参考・旧館・情報で自爆した日本軍


悪例としてあげればきらレポであろう。

つうか、あれは何の冗談だ?シナジー

 まあ脚本に、ミルモからのベテラン脚本家福田裕子(前回更新で貼ったパノラマ画像での、福田ひろ子のモデル)が居たのが唯一の救いであった。 せめて3Dポリゴンのアラが見えぬよう脚本でカヴァーしたのであろうが、某シーンの背景に貼ってある、「きらりのポスターの画」の方が、前で動いている不気味なポリゴンよりも、余程まともに見えると館長は感じたが、それはある意味、CGや3DCG偏重の皮肉な結果といえるかも知れないと候察するものである。


 話を戻して。

 絶チル第二話は、前述した通り、お見事な出来である。 原作とのシナリオにおける整合性が取れないと言う指摘があるかも知れないが、アニメはアニメである。

映像という器に盛られる果実が原作とそのテーマである。

よって館長は、今後アニメ化の過程で生じる、多種多様な問題は、必ずアニメ制作陣が解決出来うるものと信じる。

 特に、ミルモ戦域で、4年に渡る激闘を潜り抜けてきた、歴戦のアニメ萌えGI戦士は、何ら問題なく絶チル第二話を捕捉萌滅出来たと信ずる。 よって今後も、アニメ萌えGI風水戦士は、天佑を確信し絶対可憐を捕捉、もって萌え止まん事を望ム(結局) 

 また、きらレボ戦域においても、3Dポリゴン・ターミネータキャラ旅団の持つ圧倒的な打撃力の前に、ゴキブリの如く蹂躙されつつも、なおも交戦継続中の萌えアニメGI戦士諸子においても、前途を悲観することなく、なーさん萌えを確信、もってポリゴンターミネーターに対し、萌え銃剣突撃による白兵戦を展開、もってターミネーターをターミネイトすべし。

断じて行えば、鬼神も避く!(牟田口廉也中将)


 □ 総括

 現状 週五本録画に落ち着いている状況です。 え?他のアニメ、放送されているじゃんって? ダメだろあれ。


 □ 書籍方面

 ○ 電撃文庫マガジン Vol.1(通巻三冊目)
 ○ メガミマガジン五月号
 ○ 絶対可憐チルドレン 12巻

 書籍に関しては次回の講釈で。


 □ 知世さまの世界情勢情報候察講座

 ○ イラク駐留米軍はバグダード飛行場を中心とした狭いエリアに圧迫包囲されつつあり(時間の問題)
 ○ ロシアプーチン政権は確固としている。 
 ○ NATO(EU)の東進政策はベラルーシ・ウクライナ前面で事実上ストップ
 ○ MD問題は、事実上白紙の状態に戻った。
 ○ 米露の間で、来年期限切れを迎える、START(戦略核兵器削減交渉)の次のステップを模索する事が確認された。
 ○ イラク本土は、イラン、トルコ、シリア、シーア諸派、スンニ諸派、クルド諸派、イラク政府軍(傀儡)が、己の利害のみで戦う内戦状態下にある。
 ○ 米国軍は、もはや事態をコントロールすることが出来無いが、ここからの撤退も、もはや出来無い、それは破滅を意味する。
 ○ イランの圧力がイラクに浸透する事は、サウジを含む湾岸諸国に対する大いなる脅威となる。
 ○ 18世紀からのロシア南下政策は、一度目は英国との妥協で挫折し、二度目は二次大戦時の取り決めで痛み分けとなったが、今や成功しつつある。
 ○ 原油の高騰は、すべからく米国中東政策の破滅的な結果に依ってもたらされた。
 ○ チベット問題は、1904年に日露戦争時、そのどさくさに乗じた英国のチベット進駐の前例がある。
 ○ 故に、この事を歴史で知っている中国首脳部は、絶対に、この懸案で引き下がる事はない。
 ○ チベットの独立を認めれば、台湾の独立を誘発する。
 ○ 同時に、ロシア国内に存在する分離独立派に勢いを与える。
 ○ 以上の様な政策の落ち行く先は、地政学的にみて破滅という結果しか招かない。
 ○ 人権を悪用しプロパガンダを流す連中は後を絶たない
 ○ オリンピックの聖火リレー、派手な開会式はナチのベルリンオリンピアが全ての源である。

 総括 ミクロな事態を観て、大局の判断を誤る事勿れ。

 □ 今夜の教訓

 米国内の一部新保守主義者と御用学者、そしてそれらに追従する安ぶしん共がまき散らしていた、米国一極支配という、地政学を理解しないバカ共の幻想は、どんどん改築されている模様である、まさに嗤うべし。

 最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「アニメ・絶対可憐チルドレン!(第一話評)」 2008/04/06

 □ 絶対可憐チルドレン TVQ 2008年04月06日(日) 10:00〜(34時アニメか…)AT-X 2008年 04月20日(日)07:30〜

 前評 作戦開始 15時間前である 全アニメ萌え風水GI戦士/予科生/将官候補生/将官は、天佑を確信し、絶対録画完遂セヨ。

 ○ 総評 ツッ込み所がありません!椎名先生じゃなかったアニメスタッフ連。

 各セクションに対する見解(総括評は非常に難しいと思われます) 

 以下 第四版(08/04/09/Ver2.1)

 ▽ OPアニメーションとOPテーマにおける中毒性と歌いやすさの件

 1.全ての面で

 主力視聴者であろう、お子さまがメロディーを覚えて気軽に口ずさんで貰うには、アレが正解だと思います。 そして、あの軽快なテンポ、歌詞と曲が渾然一体となって奏でるハーモニー(長く思い出の曲として残る)や「歌詞の一つ一つに盛り込まれたメッセージ」を伝えるには、現役小学生に歌って踊ってもらうのが一番の解と考えます。

 むしろ、OPを小学生ユニット(可憐Girls)に歌わせていることが、その証左であると考えます。 更に、お子さまお得意の歌詞変更にも有利に働くと考える次第です。

 例えば、CMで出てきた ef のOP(euphoric field)の様に、歌う際、発音やイントネーションの面で難しいのでは本末転倒です。

 つまり、作詞作曲した人は、カラオケ屋で歌ってもらうことを、あまり想定しておらず、もう気軽にどこでも歌ってください、多少歌詞変わってもいいよ、むしろメロディーを楽しんでねっ!と言うことであろうと、お食事処館長は候察する次第であります(←候察って難しいよおっさん)

 2.サビの部分の We can try over the future World(わ〜〜い)の件

 前述したように、気軽にメロディーを口ずさんでもらうことが目的と想定すると、そう問題はないと考えます。 なぬ、発音がおかしいだと? うむ、確かにおかしい。 特に”World”の部分が「わぁぁ〜い」に聞こえるじゃと?

 それが狙いだと思うのですよ。 未来の世界に笑いを、幸せな子供達の声を! と考えれば、わ〜いが自然です。 国連が提唱した国際児童年の時のゴダイゴの有名な曲「ビューティフルネーム」とかさ。

 と言うか、歌詞全体の単語をひとうひとつ拾っていくと、その意味するところが結構難しいんですよね。 しかし、その英語な部分で、それを上手くスパーンと軽快に投げ飛ばしていると思うんですよ。

 それに英語の歌詞ってなんかカッコいいし!みんなも心当たりがあるよね!

 とりとめないですけど、館長的には、その部分の意味は、前の”未来を今越えよう”に懸かる=>We can try, (私たち・チルドレン)は試み続ける=>挑む)に、(私たちの望む)未来の世界を開くため…って理解しております。


 3.ギミック・その他の件

  この歌詞には、いろんなギミックが混ざっています、例えばイントロの部分(歌を指し示す専門用語はあまり詳しくないので、その辺よろしく)

 #かなりキてる〜♪無敵のパワー!マジでいいカンジ〜♪
 #絶対可憐!だから負けない!
 #明日へさあ行こう〜♪(*A・サイコー)

 最初から、この飛ばしっ振りです、もうサイコーです。 何?そう連想する、館長の頭がおかしいって?なあに大丈夫っ!まだ起きてから2時間も経っておりません(←リアル視聴をしなかった、ファンにあるまじき特A級戦犯振りを暴露)

 それはさて置き。

 #いえぃ!絶対!大胆〜♪(アニメタイトル出る)

 #触れあうだけでわかる、心のリミッター
 #解き放たれたらホラ!
 #Yes! Change the world!

 この辺は、OPアニメーションと同期している感じだけで大人しいですが。

 #熱いバトル 何度もトライ!

 この”何度もトライ!”の背景で流れるシーンでは、邀撃に上がったSu-33の三機編隊(ロシア空軍機)を軽くブッちぎり、振り返り様にニヤリを笑った上でウインクをかます葵ちゃんが描かれております。

もう、最高に輝いていますよ葵ちゃん(館長は葵派です・朧派でもありますが

 ちなみに、葵ちゃんがマントを羽織っているのは、原作であった、葵ちゃん”はじめてのおつかい”故でしょうが、これら一連のシーンをもって、「未来を越えるのではなく、魔美を越えろ」と主張している、魔美ファンたる館長は、既に本編が始まる前に魔美を越えたと確信しました(え?絶チル本編はどうでもいいの?)

 #リアルをつらぬいて
 #絶対可憐!だから負けない!
 #スリルがサイコー!(*Aへ)

 ここでの”スリルがサイコー”はメロディー的に最初の”明日へさあ行こう”に懸かってます。 メロディーがループしているのでそうなるのは当たり前……とか聞こえてきそうですが、そこがミソなのです、ミソッカスなのです。 このように歌詞の入れ替えが簡単な程、歌われやすい歌になるのです(本当か) 

 ちなみに曲の背景に流れるシーンでは、BABELの敵(原作的にはコインの裏と表)パンドラの構成員を描いた一枚絵のPANであるが、相変わらず兵部少佐のニヒルッ振りは十分表現出来ていると思いました。

 ところで、旧日本海軍所属 ESP動物部隊 伊-九号中尉は出てこないのですか?呂号ちゃんも出無いのですか? ひゅーどろりらどろりら!(おキヌちゃんぽく) 

 さて、ここから歌詞はちょっと深いテーマを奏で出します。

 #勇気が世界の闇を照らし始める〜♪
 #あなたがくれた奇跡あふれる〜♪
 #誰にも似てない笑顔 誇りにしたら〜♪
 #未来を今越えよう―――!

 ”未来を越えよう”の背景で描写された部分で感じ取れるもの、それはチルドレンが越えるべきは桐壷局長というオブジェクト「おぢさま連(古参ファン・病んだファン)」でありましょう(何故) また、秘書官と言う影に徹しつつも決して背景に埋没せずの柏木朧さまであろう。 特に後者は、同性たるチルドレンにとって具体的なオトナの女への目標に近いかも知れません(肢体の曲線美とか、膨らみとかなっ!)

 さて、歌詞の話に戻りますが、おそらく”奇跡” ”笑顔” ”誇りにしたら〜” の部分は色んな替え歌が生じると期待してます。 むしろ、過去に縛られ想像力に枷が付いている大きなおぢさまよりかは、ほとんど過去のアニメや漫画の枷が存在しないお子さまの方が、余程えげつない替え歌を作り出すと期待しております。

 つうか、大きなおぢさま連も、リアル小学生の頃は、そういう替え歌をした記憶の一つや二つあるよねっ!

 # We can try, over the future World(わ〜〜い)
 # Yeah! 最大! 大胆!

 ”最大!"の後ろで流れる、野上葵の指の仕草はサイコーである。 つか、もう何も述べる処は無かろう。 

 以上、OPアニメーションと、OPテーマ曲だけで、絶対可憐チルドレンに必要な因子・要素が見事に表現されたと考える館長であります。 


 最後に、チルドレンチームが、幾重にも張り巡らせた絶チル萌え縱深陣地に挑む為、萌え銃剣を着剣!もって、萌え風水GI戦士の精華たる萌え万歳突撃を敢行しつつも、本編陣地に辿り着く事無く、その第一陣目のOP陣地から掃射される数々のネタの前に斃れた、多くの萌えGI風水戦士の”のんぼり魂”も、これできっと浮かばれることであろう(←OPで斃れたヘタれ館長も含む)


 □ パンツが見えないぞ?←へんたいしんじゃえー)

 ○ テロ東社策・地球物理学に反しても、スカートは捲れない靡かない、故にパンツ見えないドクトリンを知らぬかぁ(渇!)

 さて、ミルモでポンから脈々と流れるテロ東規制、パンツ見せないドクトリン(捲れないスカート、重力に逆らうスカート、見えそうなら演出でカバーせよ)は、更に強くなっていると感じたが、あまり違和感は感じなかった館長である(パンツ見えないドクトリンについては過去の暇潰しレビューを参照)

 しかし、それでも今回もまた、反テロ東政策に対する新しい反撃(戦術)が試みられる箇所が見られた。

 ▽ 一例

 地下鉄線路内で縛られている三姉妹のシーンにおいて、フレーム的に真正面に位置している薫のスカートの中身は、グレー階調で偽装され、フトモモ裏を合わせぴったり引っ付けた部分を線として描いている(微妙に)

 勿論、あのカメラ位置で構築されたフレーム内で、あの状態での薫のスカートの中身は角度の関係上見えない。 しかし、その貪欲なフレーム構築に尽力したスタッフの技量と、あくまでもテロ東規制に挑戦し続ける根性は十分館長の”のんぼり魂”で受け止めた! よって今後も、テロ東規制に屈することなく、見えそで見えないチラリズムを貫いてください。


 □ キャラクタ部分

 ○ 柏木朧

 「だからワタシは徹底的にあの三人を甘やかす!」と、どどーんと仁王立ちで宣言する桐壷局長。

 それを見上げながら聞いている、柏木さんの後ろ姿は実に艶やかなものでありました。 そして、それを引き立てたのはレッドブラウン調のスーツであろうし、そしてそれは彼女の豊かなボディーラインを際だたせるに十分でありました。  加えて指摘するなら、脇腹から腰に連なる曲線美と、背中から腰へと流れ、そして尻で盛り上がる艶な姿態、そしてタイトスカートのスリットから見え隠れするフトモモの艶やふくらはぎでしょうか←へんたいしんじゃえ!)

たかが1カットに、ここまでやるスタッフはまさにネ申といえましょう。

 ○ 桐壷帝三局長。

 第一話で、一番体液(鼻水や涙)を垂れ流したトップは彼でありましょう。 そして老いたアニメ萌え風水GI戦士が最後に到達すると言われる、孫娘を愛でつつ溺愛すると言う巧技な萌技を見事に体現した処も見逃せないと思います。

 ○ マッスル(フォー!)

 囮役、道化役、ゲイ役、ヤラレ役、そしてラストの兵部を際だたせる役と言う、非常に損な役回りを徹頭徹尾、きちんとやり遂げた彼の演技は称賛に値すると思います。

 ○ 須磨運用主任

 ヒスモチ教授(ポケットナイト)の正当な継承者であり、原作でもいろいろ議論が展開された彼女ですが、見事な空気振りで乗り切ったと思います。もちろん、原作者も述べているように、映像化において、原作者と制作者と十分な議論がなされている事を考慮すべきと感じました。ただし、原作を読んでいない視聴者を考慮しなければならないと言う、制作側の視点から眺めれば、これはギリギリの妥協であったと思いますし、マッスルの登場や活躍もそれに倣うと思います。

 得てして言えば、むしろゲスト出演に近いと思います(第一話の段階で、原作の一部エピソードがアニメ化出来無くなったのがマズいんじゃないのと言う意見は当然ではあるが) しかしながら彼女を、第一話で繰り出されたテーマやオチ、「ソロモン」というパスワードの由来、皆本が着任する前のチルドレン三姉妹の立ち位置や置かれている状況説明に必要な「潤滑剤役・原作への繋ぎ役」と見ると、多少はスッキリするかと思いますがどうか?(誰もいない方向に向かって)

 ○ 明石薫

 元気!一発オヤヂ娘を見事に動かしたスタッフはエライ(エラそうに) そして、どうしても中の人の話もしなければなるまいが、見事な演技であった。 声優は声で演技出来てナンボである。 ちゃんと出来ればそれでええ。

 ○ 野上葵

 葵はOPにして魔美を越えたと結論したのでオールオーケーである。 無論アニメでも「はじめてのおつかい」エピソードはやると思いますので、そのときはもっと格好良く葵を活躍させて頂きたい。

 ○ 三ノ宮紫穗

 既に、第一話にして皆本と何度も接触し、その心の奥底を透視しているのは明かである。 そしてこれは今後のエピソードでの伏線埋没と考えるべきであろう(原作とは違ったアプローチで皆本を認めていく布石かな)

 ○ 皆本光一

  いきなりコメリカから帰国後、即入局…と言うことはキャシーが絡むのか?あのラブロマンスが絡むのか!

答えろ神崎―――!(間違い)

 ○ ダブルフェイス(常盤奈津子・野分ほたる)

 ▽ 常盤奈津子 超度5 透視能力者 クレヤボヤンス (イケイケ)
 ▽ 野分ほたる  超度5 精神感応能力者 テレパス  (生娘風)

 薫のバスト目測に寄れば、 88のGの常磐、86のEの野分(アンダーを考慮しているかは不明)と言う事であるが、ラストでの登場シーンのみでは不明! しかし、賢木なら知っているかもしれない!多分!いろいろ使って(ウソ)

 ○ 兵部京介 ESP組織 パンドラの指導者

 えーと、煙と何とかは高いところにと申しますが、これは第一話の事件を睥睨する立場にあった悪役(宿敵)を、具体的に「それだ」と分かる描写にするには実に古典的な方法論であろうし、アニメにおいても漫画においても、敵役(ライバル)の存在をなるべく最初に提示するのはセオリだと考えます。 そういう意味で「マッスル捕物帖」と言っても過言ではない第一話において、それらの事件の背景に存在する組織の首領の存在を具体的に描写したのはシリーズ構成上正解であろう。 でなければ、第一話は単に各キャラクターが、てんでバラバラにドタバタしている感を、視聴者に与えさせてしまうからである(エラそう)

 ○ 桃太郎 

 これも、基本的にヒスモチ教授じゃない、須磨運用主任と同じ論点になると思いますが、基本的に原作エピソードとの差違が、この二点だけで収まったのは幸運といえるのではないかと思います(苦しい言い方) でもさあ?やはり魔法使い偉い権力者の手元や肩には「いつでも握り潰せる小動物」がいるのがお約束では無いかなあ…とか思う館長である(古典スパイアクション映画では定番)

 ○ キャラクター総括

 柏木朧さんの尻!フトモモーが全て(不真面目極まる総括)


 □ 第一話 絶対可憐!その名はザ・チルドレン! シナリオ部評 Ver1.01 08/04/09 

  ……という訳で(懸かり言葉)、本日を合わせ、絶対可憐チルドレン第一話を30回以上観返しておりますが(病気) 地上波は少し輪郭がぼやけますなあ(三次元処理のせい?) しかし、AT-Xでなら、綺麗に、最終録画兵器D-VHSNV-DHE20)STDモード(ビットレート14.1Mbps)でキャッチ(違う)録画出来るので、補完の意味でD-VHSテープ(DF-420B)をもう一発弾丸補給後、同時並行的に録画するのがいいかも。 ちなみにHi-Vision映像をそのままTSで録画出来るものは、BDデッキが現在のように揃うまでは、このD-VHS規格(HSモード)だけだったんですけど、メーカーがひたすらその隠蔽を完遂し、あのHD-DVDとの泥仕合を演じて家電業界の店員さんを困らせ続けたのですが、今や昔話になろうとしています。 ところで、HD-DVDは滅びましたが、今後はレア規格として生き残っていくでしょう、そうβの如く。 飛ぶが如くっ!(何)

 それはさて置き。

 予定では、D-VHSテープ(DF-420B)STDモードで7時間の録画が可能です。つまり1本のテープで大体14話〜15話が収まります。 但し地上波の場合はCMが入るので(CMは10年後有用なコンテンツとなるのでカットしない主義)14話+1話で、AT-Xは15話+1話になります。 そうしてDF-420Bテープでの録画苺コンプリート(間違い)すると、なんと14話前後が、放映画質そのままで1本のテープで事足りることになります。 

 そう、一度D-VHSデッキに、”V09 第775巻 絶対可憐チルドレン No.1 TVQ-Ver” とラベルが貼られたテープを挿入すれば、7時間なにもせずとも、”絶対可憐!だから負けない!再生サイコー♪”(可憐Girls CVで)の絶チルアニメが1話〜14話まで鑑賞出来るわけです。 まさに、世界に冠たる世界標準民生録画再生規格VHSシリーズの勝利を噛みしめつつ、我がネ申、椎名高志先生の血と汗と涙とオトナの事情の結晶である絶チルを崇めつつ、「葵ちゃんサイコー!」「エスパー魔美の正当なる後継者」「野上葵の未来に栄光あれ」「ああっ!女神さまっ!葵さまっ!」という具合に、愉しめるわけです(←萌え廃人)

 しかしながら、D-VHSの維持管理は現在非常に難しく(特にテープの在庫と単価)、また汎用性も皆無に近く(*Bへ)、デッキ自体も中古市場しか存在せず、しかもかなり ぁゃιぃ入手方法しか残っていないので(オークション)、新規でアニメ録画戦域に参戦する録画萌え風水GI戦士におかれては、素直にBDデッキを入手するか、お小遣いがアレな場合はフツーのDVD+HDDデッキ(価格暴落中)+地上デジチューナ(TU-MHD500がお勧め)を入門機として、おとーさんや、おかーさんや伊-九号中尉おじーちゃんにせがんでみましょう。

 (*B)確かにi-linkとPCをつなげイロイロすることは可能ですが、コストと労力の面で全くペイしないし、各ツールの運用も素人には難しいし、データーの双方向移動も、テープ媒体故に、その時間分掛かる) 

 ちなみに館長は、中学1年生(1983)の段階でNV-370(VHS)+SONY14型TVを自分の所有機としましたが、それに至るまでは、Wカセットデッキ(音楽だ)+SONY14型TVで、アニメの録音をやっておりました(スペース・コブラ パーマン ドラえもん等) 更にVHSデッキ入手にはいろいろなフラグが設定され、それをクリアするのエラい苦労しました。

 という訳で、みんなも動画サイトの小さいサイズの映像なんぞで満足することなく、また(ryやその他の方法で入手した映像データで楽をすることなく、天佑を確信、家庭内での政治的発言力を増し、全力録画機器に全資力と学力を投入、もって映像コンテンツを録画によって構築することを期待する。 

 ちなみにお食事処は、リリースされるであろうアニメDVDに過度に依存することを全く推奨しない。 DVD商法は一度破綻した商法の焼き直しである(90年代初期) 愚昧で盲目なる消費は、市場の健全化やさらなる成長になんら寄与しないことを歴史によって知っているからである(録画歴・25年)。 館長の時代は、オンエアーされたアニメをLDやVHSで揃えると言うことは全然一般的ではなかった。 市場における情報操作に惑わされてはならない。 デッキやテープ、録画生メディアには既にライセンスの料金が上乗せされている。 何ら恥じる行動ではないのだ、コピー10の問題は、破落戸中間搾取業者に幾ら銭を恵むかの問題であり、もしそれで制作や製作者、そして究極的に原作者に金が廻らないと言うなら破落戸共の責任である。 残念ながら現在、日本は中間で金を吸い上げるダニにびっしりたかられている状態である。

 いい加減市場に革命する力を、中間搾取破落戸に天誅を(ウテナ風に)

 ……何だか、椎名先生が聞いたら烈火の如く怒りそうな「絶チルDVDの購買は推奨せず、絶対可憐!絶対録画!絶対完遂!絶対ドクトリン!」ではあるが、そもそも、これだけオンライン化が進んだ現在、アニメ製作(小学館・小プロ)、そして作品を発注される制作会社、そして原作者に直接ライセンス料(コンテンツの対価)を支払えない方が余程おかしいのである。 

 そういう疑問をまず想起出来ることが、萌えアニメ風水GI戦士に必須の素養である。 また、既に萌え資源が逼迫(ネタ切れ)しつつあるこのアニメ世界で戦い生き残るサバイバリティー向上にも繋がるのである(高生存性)

 ちなみに、萌えアニメマンガ風水学とは、風水工学から勝手に派生した学派であり、その要諦は「少ない萌えシーンのみで最大の萌え効果を再創造(リサイクル)する事」である。 本家は、リソースゼロで、ミディアムなリターンを確保するパソコン風水工学である(特許元・やまもと氏)


 閑話休題、話がラボール←(往復1000海里)→ソロモンの激戦のコア・餓島との距離並みに離れてしまいました。

  □ シナリオ構造評(え?)

  ○ 結論 第一話のみで、このアニメが何を目指しているのかを評するのは早計と考えます。

  何故か? それは、アニメ・絶対可憐チルドレンの放送が4クール(1年)に渡る通常戦(ヲイ)であることが挙げられます。 それは過去お食事処では、同じ小学館・少女漫画誌ちゃおで連載されていた、これまたネ申・篠塚ひろむ女史のマンガ・ミルモでポンのアニメをメガプッシュし、14クール(4年・2002〜2005・全172話・全部録画済み)に渡ってレビューしてきた経緯からです。

 さて、再び長い寄り道しますが、以下から続く記述は、お食事処アニメ評におけるカーネルですので、無理を押してでも説明する必要があると判断したからです。その辺ご了承ください。

 アニメ、ミルモでポンは、ある意味で言えば、当時(2001年頃)部数不振にあえいでいた「ちゃお」を、僅か一年半と言う短期間で部数を一躍業界TOPの座に登らせた奇跡のシリーズだからです。 しかし、放送前の下馬評では、土曜朝のアニメ三連タップの当て馬であり、地球にご奉仕するアニメ(敢えて明記しない)や、歌手育成アニメ(これも同じく敢えて明記しない)にはとうてい敵わないと思われていました。 どうも当のちゃお編集部も、あまり期待はしてなかったフシすらあり、それは一躍ブレイクした後でも、無印・OPEDのCD発売が遅れたり(元々予定すらなかった)したことから明かです。

 さて内容ですが、そのオーソドックスな物語の作りながら緻密に組み上げられたシナリオ、そして、当時ファンタジー上の妖精の常識であった「妖精には羽があり、またはなくても空を自由に飛ぶ」という概念を、団扇を持って破砕、もって新しい妖精のカタチを提示したことにあります。 また、その妖精も、ミルモ、リルム、ヤシチ ハンゾー サスケ等、一癖も二癖もある魅力的なキャラ付けが為されており、その妖精持ち常任理事者とも言える、南楓、結木摂、日高安純さま(さま付け)の三角関係も実に絶妙なバランスを持って構築され、あらゆる面で「少女漫画アニメの常識」を覆し、同時にその既得権益に安住していた、従来の少女アニメファンを奈落の底に叩き落としたことでも有名である。 ちなみに、ちゃお、及びミルモでポンアニメ評は、過去の暇潰しレビューに散在しているので、暇な人は検索してみるといいでしょう(館長も実は把握不能)


 そして、ミルモでポンにおいて最大の功労者は、城戸悦美ちゃんであろう(遠い目をしつつ過去のドス黒いダアク発動)

 何故か?それは城戸悦美は、アニメで良く用いられるモブキャラや脇役キャラの方法論とは、全く一線を画する準レギュラーキャラとして自立的に動きつつもシナリオの一部として成立し得た、最初で最後の事例と考えているからです。 もし昨今で似た様な好例を挙げるのなら、H2O 第8話「音羽」で展開された、次の様なやりとりでしょう。

 モブキャラA+B「あんたはこっちー側の人でしょ」真紀が「私背景じゃなーい!離してぇぇ!?」 

 こういうギャグが成立する元は、おそらくミルモあたりの影響では無かろうかと妄想する次第である(妄説)

 更に詳しく説明するならば、原作の連載開始時(実際は読み切りから連載に移行)において悦美ちゃんは、主人公南楓の唯一無二の親友という設定がありながら、漫画連載の中のみならずアニメシリーズの中ですら回が進む毎に順々影が薄くなり、遂に背景壁紙キャラに陥ってしまったのであります。 館長は「もしかしたら作者も忘れてないか?(ヒデエ)」と気をもんだものでありましたが……しかし、2003年の夏、突如「悦美」と言う”名前”の設定しかなかった彼女に「城戸」(当時はひらがなで、きど えつみと表記)と言う名字が与えられ、背景モブキャラ同然であった悦美ちゃんは、ここ此処に至り、主人公南楓の唯一無二の親友設定に復帰したのである。 ハッキリ言って奇跡の復活(待遇改善)と言っても過言ではないかと当時の館長は感じたものであります(お食事処のSSでは、2003年春、SS制作時、彼女に名字が設定されていなかったのでやむなく佐伯と付けた(18禁・未成年の入場絶対禁止)

 しかしながら(拳を握りしめ)、その後も、城戸悦美ちゃんを背景壁紙キャラ化しようとする陰謀は後を絶たず、出たと思えばしばらく出ずと言った感じであったが、第三期ごおるでんにおいて最大の神回となり、そして伝説化した第87話「あたたたのアタック レレレのレシーブ篇」において悦美は、準主役の地位にあったピンクの沙織(さおりんは特別・マルモ国王談)を押さえ、事実上の主役として画面の中で楓と安純、そしてモブに過ぎなかった、ひろ子とよし子を縦横無尽に教導し大活躍。

えつみんスパッツバレー軍団 大パノラマ

 もって、精強なるえつみん萌えGI風水戦士は驚喜し、歴戦のアニメ実況戦士にして「この回は漏れ達を萌え殺す回ですね?」との名言を数多く量産し、悦美派はそれまでの鬱憤を全て晴らしたのである(2003年12月09日)


 その後も、えつみんのヒット・アンド・アウェイな出演回は定期的にシナリオ化され、最終的には第四期わんだほう(2004年)「悦美14−0(フォーティー・ラブ)」において、

えつみんの恋人(神名一)と引っ付くまで描かれるという好待遇振りを示しました。 このエピソードは原作に完全準拠した上でのアニメ化であったが、一部台詞が入れ替わり物議を醸す、特に俺が←ダメ) 


更に第五期(2005年4月)のちゃあみんぐにおいては、突然意味もなく、別クラスになった悦美と楓が謎の抱擁をする事態まで発生。

ただし、これが事実上、悦美、最後の登場であった……

此処まで来ると狙い過ぎな気もするが、4年に渡った、えつみん至上主義派と、えつみん背景壁紙キャラ化派との長く苦しい闘いは終結したのであった(誰と誰が争ってたの?)


  さて、ここまでが寄り道(単に悦美ファンの血が疼いて暴走しただけでは?)

 館長のヨミでは、アニメ・絶対可憐チルドレンが、サンデー編集部から、何を期待されているかが問題なのである。 何の考えもなく順当で絶チルかなと言う判断を営利企業が下す訳は絶対にあり得ません。 椎名高志先生も、アニメ化なぞ夢にも想定していなかった頃、こういうコメントを発しています。

#少年サンデーの目指す低年齢路線? 知るかよ、そんなこと。 (2005/10/07 より転載)

 館長は、ハヤテの如くが二期に繋げられたのを見て一応、以下に述べる様な疑念を少しは払拭出来たのですが、どうも第一話の全体を改めて俯瞰すると、編集部はそれを絶チルに望んでいるのではないかと考えてしまうのです。

 小学館と、週刊少年サンデー編集部、及び小学館プロダクションは、絶対可憐チルドレンを使って、ちゃおの夢もう一度とか言う幻想を夢想してませんか?(つまり、ミルモ=きらレボラインでほぼ完成した手法)

 ハヤテでの実験で、従来の手法(及び腰で、メディアミックス戦略を展開)の焼き直しでは、部数が増えることすらおぼつかない事は分かっているので、以上の候察はあり得ないと館長自身は考えているのですが、どうも、今回の企画はキナ臭いのです。 葵薫紫穗の三姉妹キャラを前面に押し出すのは、セオリー通りなので問題は少ないのですが、肝心の絶対可憐チルドレンのテーマ(コア)の部分が、かなり軽んじられているのではないかという不安が払拭出来ません。 

 今までくどくどと、ちゃおでの連載であった、ミルモでポンとそのアニメのことを記述した真意はそこにあります。 更に、ミルモおいては、基本的なシナリオ展開は編集部が主導指導したフシが多々見られ、アニメ企画においては完全に小プロと編集部、及び制作に握られていました(作者は、ほとんどの場合蚊帳の外) 最終的には終わらない可能性もあったのですが、作者が元々持っていた(幸いにも)センスと底力で、何とか落とし処を見つけ連載と共にアニメも上手く軟着陸させ得ることに成功しました(編集部の支援も好意的だったしなあ)

 しかし、絶対可憐チルドレンは、企画ありきの少女漫画とは、連載の構造からして全く違います(別にひろむたんとミルモを悪く言っているのでは無い、むしろ篠塚先生はネ申であり、ミルモは原作もアニメも全期が素晴らしい出来である)

 椎名高志氏は、漫画に対しプロフェッショナルな姿勢で臨み、連載に際しても作品の土台(テーマ)をキッチリと組み、物語をどう展開させてゆくかを自在に操れるマスターです。 特に絶チルにおいては、短期集中連載の後ようやく連載が開始され、その最初の時点でオチがキッチリ決まっています。 むしろその最悪なオチを如何に回避するかが漫画のテーマであったりもします。

 つまり、絶対可憐チルドレンの構造とは、ある視点から眺めれば、T.Pぼんに近い構造なのです(強引)

 それ故に、絶対可憐チルドレンというのは、非常にアニメ化しにくい作品でもあり、逆もやりやすい作品とも言えます。 喩えるなら小さなブロックで組み上がったバベルの塔とも言えましょう。 簡単な例を更に挙げるならば、T.Pぼんで、ぼんがユミ子に歴史の成り立ちとT.Pの存在理由、そして何故歴史に不必要に干渉してはならないかを、高く積み上がったブロック塀を歴史の積み重ねに見立てて説明していますが、それと同じリクツです。 

 「ブロックは互いにキッチリ組み合っているのが多くて、無理に引っこ抜くと、一部、ヘタをすると全体が崩れかねないものすらある」

 これを、アニメ・絶チルで言うならば、第一話にして、須磨、桃太郎、マッスル、兵部、皆本の帰国後の直接任官等、作者の間で意見を詰めギリギリの妥協点を見いだした後の産物とはいえ、その無理に押し込んだ各々のブロックの為に、原作の一部のアニメ化(その各々のブロックと密結合しているシナリオ=歴史)が事実上非常に困難、乃至不能になった事は、実にT.Pぼんにおける、ぼんの”ブロック塀の喩え話”を連想させるに十分なのです。

 という訳で、リーム姉さん!助けて!(結局T.Pネタで〆か)

  と言う感じで、第一話の評をするつもりが、ミルモのえつみんエキスの不用意なリサイクル摂取により、完全に作品構造論に陥ってしまいました、本当にありがとうございました(ダメダメですわ) 

 □ アニメ版 絶対可憐チルドレン の教訓 Ver.2

 シリーズ構成の西園氏がどこまで踏ん張れるかで決まるかも知れない。 第二話を待とうではないか。

 □ 今夜の教訓

 今回のVer upはパッチと言うよりサービスパックです。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「かのこん!(第一話評)」 2008/04/05

  かのこん!(挨拶)

 ○ かのこん AT-X 2008年04月05日(土) 10:30〜

 前評 おいおい、小山田耕太が能登麻美子で、おキツネの源ちずるが川澄綾子とは、俺を悶えさせ萌え殺す気か!


 ○ かのこん 第一話 「初めてしちゃう!」

 ▽ 全般的感想

 こっ!これは!ショタ萌えアニメだ!むしろ耕太のポジショニングは、ぼくのぴこに近いベクトルにありそうですね。 そして事象に対する切り口と、アプローチが多少違っているだけだと感じました。 それと同時に金毛百面九尾のちずるたんも、男性向けには作られては居ないと感じました。 つまり、男に都合の良いヒロインという匂いは微塵も伺うことが出来ませんでした。 むしろ孤高の意志(わがままと見られるフシも見受けられるが)を持ち、彼女自身、自立的に動く事の出来る存在(立ち位置)におかれていると思います。

 そして、その性質によってもたらされる行動は、可愛い耕太(美味しそうな美少年・ショタ)と戯れつつ、隠された設定(縛り)に対抗するものになっている気がします(同性も含むかも知れない) またちずるが耕太と、狐憑きを模して魂的な合一をするシーンがあったことから、ある意味、このアニメは婦女子向けであり、要は耕太を如何にエロ可笑しく弄って遊ぶかという、女性的ドリームが多分に盛り込まれたものだと感じた次第である(原作はよく知らないけど)←ダメ


 ……いやあ、ちずるたんが耕太を押し倒し、エロイ騎乗位でえろえろよー!(ゆかり先生)も良かったですが(そんなによかったのか?)、やはりシッポ!妖狐! これはお食事処館長のストライクド真ん中……やられました。 ……あ、陛下?何事であらせられますか?え?臣が浮気者であり謀反人と? いや臣は決してそのような、あっ!待ってください陛下、その狐火はあまりにも高温高圧高霊圧! うわーたしけてー!ああっ!らめぇ!萌えちゃう―――!(ダメ)

 ▽ 作画的視点

 第一話から、とあるカットにおいてかなりヤバイ作画が見えた気がする。 また、モブキャラは総じて適当な感を覚えました。

 ▽ 男性視点からの感想

 母性たっぷりの川澄ヴォイスはいまだ健在!そして能登のショタ声ヴォイスも、ますます磨きを増したと感じました。 また、ちずるの弟分(血の繋がり無し)たゆらの吹っ飛ばされ振りに、同じ金毛百面九尾の妖狐たるタマモ女王陛下の臣下たる館長としては、深い同情と共に、何かしら親しみの念を禁じ得ない。

 ▽ 結論

 またもや、我がネ申、椎名高志先生が御創造なされたキャラであり、お食事処に君臨すれど統治せずで、同時にお食事処の象徴であるタマモ女王陛下のバチモンが出現したことに、深く遺憾の意を表するものである(ウソ付け) 斯様な事態はアワーズで連載された楠先生著「もののけちんかも」以来5年ぶりであるっ! 臣、不才により、誠に畏れ多くも、九尾テールをなびかせるタマモ女王陛下の御宸禁を煩わせた大罪を謝するものである。

 □ かのこんの教訓

 録画決定。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る



「もはや民主制の危機(どこまで無能をさらす気だ吉田の猪子等は)」 2008/04/04

 12年遅れで米国ではとうの昔に違憲判決が出た法案を繰り出そうとするのは、自民党内一部の内務省(特高警察)復活論者か?

 民主党も右に同じ 敢えて言う、メシや銭で自由と言論は売り渡せない。 

  現在の状況は、政府自民党の諸派勢力、及び官僚、それらとパイプを持つ特定の一派及び、それに連なる権益団体ペーパー人権団体が、自らの失政無能振りを棚に上げ、むしろそれに乗じ、経済的、政治的、治安的動揺を国内に醸成し、一般国民に対し根拠無き不安感を徒に煽り立てつつ、明らかに原因が現政権及び野党の無能、行政府(内閣)の暴走に伴う立法府(議会)の機能不全にあることをマスコミ(大政翼賛)を利用して糊塗(報道管制)し、全てに対し強権的政治体制(治安維持法)を確立する政治的策謀(事実上の日本国憲法の無期限停止を画策)と看破する。

 そしてこの卑しき策謀を成す連中の化けの皮は刻々暴かれつつある CNET JAPAN ダイヤモンド オンライン


 どうやら、現状の法律案を推進する輩共は、過去の歴史に学ばず、科学的根拠もない統計(しかもよその国から持ってくる)誘導されたアンケートにより、日本国を、官僚と警察と軍とKGBノーメンクラトゥーラ(特権階級。共産主義でもそうなのだ)が全てを支配し、最後はゴルバチョフの改革もむなしく崩壊した、悪の帝國ソビエト社会主義共和国連邦に徒したいと見るのが妥当である。


 この動きは、日本国憲法の基本、平和主義、基本的人権の確立、主権在民と言う大原則を抹殺、戦前の悪夢へ(彼らにとっては天国ではある支配する側であるので)回帰しようとする、国家的犯罪に等しい。 また、立憲君主制(象徴天皇制)の日本において、斯様な法案が通ることは、平和に尽力成された昭和大帝のご意志にも反するものと考える。

 と言うか、民主党と自民党はジロンド党とジャコバン党気取りか?フランス革命後の、あの恐怖政治を日本という舞台で演じたいのかね?そうそう、法律の素養のない一般市民を、ギロチンよろしく私刑の喜びに浸らせる、いろいろと問題が多い裁判員制度も始まるねぇ。 

 亡国招来議員であり、首相にもなった某坊ちゃんは「戦後レジームからの脱却」とか、館長も「本当に意味分かって叫んでいるのか?」と心配になるほどであったが、やはり付け焼き刃であることが程なく露呈したのは記憶に新しい。 まあ、その影響のような気もするが、問題なのは、日本の辿ってきた歴史と、フランスの辿ってきた歴史、特に個人の自由と民権にまつわる歴史は、その過程が全く異なるのを考えるべきであろう。 戦前、日本国民は、作られた共産主義の脅威を前に、大正デモクラシーで培った成果を、治安維持法と普通選挙のセット法案闇に葬った、その後がどうなったかは述べるまでもないと思う。 そして作った悪法を排除廃止出来たのは、国破れた後であり、しかも自らの手で廃止に追い込んだわけではないのである(GHQ民主化指令に伴う廃止であり、しかも、この期に及んですら存続すら言われるほどであった)

 また、日本という風土は、自らが作った法を自らで廃止することが出来ない性質が存在することを留意すべきである。 税制は言うに及ばず、民法などは、殆ど法的概念が明治のままである。


 ここまで、日本の中枢が政治音痴だとは思わなかった。 吉田学校の孫共は猪子ばかりである。あんな連中を、我々の税金で食わせているかと思うと情けない限りである(山本五十六談)


 ちなみに、これらの羊の皮を被った諸法案が、現在の七転八倒の議会でなし崩し的に可決成立し施行されると、上のことはなーんも書けなくなるのである。 

 他国の人権無視(某突厥付近はいつもの如く大英帝國が絡んでいますので無理です)、反民主主義(の押し売りでイラク内戦状態)、独裁(実は、そういう国家体制の方が多いのである)、検閲(国家でなく第三者委員会や民間企業がやるから検閲じゃないよは詭弁、むしろ官僚お得意の丸投げと責任転嫁→社会保険庁をみよ)を非難する国家国民が、その非難されるべき国同然に成り果てるのでは悲惨を通り越して喜劇の極みである。


 参考サイト MIAU 狐の王国  子供達からインターネットが消える日(教育を放棄して安易な規制に走るな) 煩悩帝国blog(運営者曰く、もううんざりの事だが、それが連中の戦術です) 児童ポルノ規制法の問題点(同人関係) 似非科学と対峙する科学者達

現在までのの性被害者の総数(マクロ視点) 少年犯罪統計データ

 さて、ここまでお読みになられたあなたはどう考えますか?警察庁のデータを信じますか、そんなの氷山の一角かと感情論に走りますか? それでもオタクは危険だ、虹絵は危険だ、猥褻物だと考えますか?

それなら現行法で十分対応可能なんです。 

 出来ていないのならそれは警察の怠慢であり、お門違いです。 飲酒運転を、デモンストレーション的な一斉検問でしか取り締まらず、大事が起きてからやっと動き出す程度の警察に幻想を抱いては危険です。


 以下転載 「児童ポルノ法の議論がかみ合わない訳」より。(強調部・()内の斜体文章・参考リンク・□ 館長注釈以下・…は館長の補足部分)

1. 現行法で対応可能なもの

* 秋葉原の景観がひどい
o 既存の猥褻物陳列罪や景観条例、風営法などで対応可能。さっさと取り締まれば?(警察の怠慢)

* U-15アイドル写真集などがひどい
o 性欲を刺激するものだというのなら、現行の児童ポルノ法で対応可能。さっさと取り締まれば?(警察の怠慢)

* アニメ・マンガなどでの性的表現がひどい
o そもそも青少年保護条例があり「児童」には一切売られていない。猥褻だと言うのならば刑法175条で対応可能。松文館裁判など実例(判例)もある。さっさと取り締まれば?(警察の怠慢)

* ネットのせいで猥褻な情報を入手できる
o 猥褻なら既存の刑法でも対応可能。さっさと取り締まれば?(警察の怠慢)

2. デマ

* 児童への犯罪が増えている
o 明らかな嘘。激減している。 ご自分の目で判断しましょう現在までのの性被害者の総数(マクロ視点)

* 内閣府の調査では国民の大半が賛成している
o 統計の嘘。そもそも個別面接調査で性というタブーを扱う調査手法や、サンプリングにも問題がある。

□ 館長注釈

該当の内閣府調査表pdf (5ページ以降の「資料を良く読んで…の下りは論外! 統計を取る調査において絶対あってはならない手法であるし、母数に対しての回答者が少なすぎて有意数に達していない」 参考サイト 日々是徒然ブログ

3. 感情

* 有害情報は規制されるべき
o 放送メディアなら恣意的な「有害」基準でも運用可能だが、個々人の表現まで一律に規制すると全体主義国家(ファシズム)になる。受け手側で対応するのが本筋(教育が先、無知と貧困は人類の大敵)

* やっぱり倫理上許されない
o 倫理と法律は別だよね。 (倫理で法律作って破滅した国があったなあナチドイツとか)

* 気持ち悪い
o それはあなたの主観。主観を法律に仮託しないで。

□ 館長注釈 

 主観や偏見で某諸民族を絶滅させようとしたり、障害者や同性愛者を、組織的且つ国家レベルで大量に安楽死させた国(「T4作戦」)があったね、でも最後は、国土を蹂躙され全国民が破滅を味わいましたね、どこだったかなあ。

転載終わり


 皆さんよく考えて欲しい、自ら考え情報を探し、その事象における背後関係を探り、自らの判断を下すツール(PCと携帯)は、あなたの前に既に存在している。 そして、そんな事態を一番嫌がっているのがどういう組織か、ちょっと過去の歴史を振り返れば分かると思います。

ヒントは 大本営陸海軍部発表


つまりは、この法律を推進している組織は、真に守り、そして今そこに存在し、今保護が必要な子供たちの人権問題を利用して、自らの政治影響力を拡大しようと画策する最低の人権侵害団体ですよ。

 また、館長が役立たず組織と揶揄している連合国組織(国連・UN)の日本ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)のTOPページと、日本ユニセフのTOPページを、見比べれば分かると思いますが、同じ国連の出先機関といえども、日本ユニセフTOPページの猥雑さと、営利丸出しのコンテンツをを前面に押し出す処でお里が知れると言うものです。

さらに組織は募金のピンハネ(募金の内25%と言われる)すら公然とやって、指摘されたら「組織だから経費は必要」と言って憚らぬ組織であり、去年はダイレクトメールで消費生活センターから指導が入ったぐらいです。


あなたがもし募金をなさるなら、その募金の100%が確実に恵まれない子供達へ届く黒柳徹子さんの方へ募金しましょう。 こちらは税金の控除の対象にはなりませんが、それが当たり前です。


 みなさん、よく考えましょう。 彼のノーベル平和賞を受賞したマザーテレサはこういっています。

「他国の貧しい人たちへ援助する前に、まず自分の国の貧しき人たちを助けなさい」


 閑話休題

 日本はどこで舵を又取り違えたかな(映画・連合艦隊 山本五十六風に挨拶) 

 お食事処館長は、日本は立憲君主制(象徴天皇制)下の議会制民主主義国家であり、また、主権在民の先進民主国家だと、大正デモクラシーの経緯から考えていたが、やはり現民主制は、大正デモクラシーを継承しては居ないと悟った。

 今夜の教訓

 だからさ、そんな法律作って最後にバカを見るのは、そう言うのにモロ出を挙げて賛成をした一般国民である。

 郵政民営化関連法(結局は、JRと、みかか、の次にデカイ民間会社が出来ただけである)とセットで成立した障害者自立支援法、そして4月いっぴから開始されたが「暫定措置を設けないとダメになった」医療制度改革法の老人医療費自己負担しかりである。 

 また、財務省のアンケートで「生活が苦しくなった・ゆとりがなくなった」とのニュースが今朝流れたのを見た館長は失笑の限りであったし、役人はバカしか居ないのかと、思わず背筋が凍り付いたものである。 では、今までの「景気判断」で紙面を踊っていた「景気は緩やかに回復」「現在いざなぎをを越える好景気が続いて居る」とはどういう意味だったのか?是非、財務官僚(次官クラス)の弁明を聞きたいものである。 そして、この支離滅裂な日本の内政情勢を概観して思うに、今は昭和二十年ではないかとの既視感を感じてしまう館長である。

 この国はもう一度戦後からやり直す事になるのさ(荒川) いや、冗談抜きで、今回はもうだめかもしれんね……しかし、いかなるDesperate(悲劇的)な状況でも、Despair(デスペアー・絶望)に陥ってはならない。 同人界最大のネ申 米澤さんはもう居ないのである、我々が何とかして、現在の子供達の為、未来の子供達の為、自由を守り、そしてネットの広大さ、そしてその世界の複雑さや猥雑さを伝えなければならない。

萌えGI戦士は、天佑を確信し、全軍突撃セヨ 総員逝き方用意(日露戦争時駆逐艇の艇長の訓辞風に)


 何?お食事処新館のコンテンツがヤバイって?過去の電波にまみれた旧館・過去暇レビュー含めて? 面白いね、もし非親告が法令化され、それに依って炉利規制法と反政府的思想でとっ捕まったら、地裁から始まって、高裁、そして最高裁まで、館長の全知識・経験を総動員して、徹底的に争ってやるヨ? 私は本気ダヨ?(局長風に) 弁護士はややこしいのを雇うヨ。 憲法の判断と国家賠償法の適用すら申請するヨ(それ関係ないけど法廷戦術だよ)

 つうか、虹の炉利絵の絵描き屋さんは、Blogで確信犯的に「政治・思想信条(これ憲法で守られてます)」を混ぜ込んだのを書いておくといいかもネ!

 但し、民法でも、その上位の日本国憲法でもそうであるが大原則がある、それを書いて終わり

 法で守られた権利に安住し、その権利を主張しないものは、これを保護しない。


□ 今夜の教訓

 それでも心の余裕を失わないのが、真の萌えGI戦士である。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る