山奥寒村お食事処 新館 [いんふぉめーしょん] [りんくのぺーじ] [SS Contents] [つれづれレビュー] [お食事処旧館]

お食事処館長 task17@mocha.ocn.ne.jp since 1999/10/12          Welcome visit

  お食事処館長暇潰しレビュー  2007年 9月


□ 07/09/10 「更新業務情報(たんたんと、一寸アニメ評)」
□ 07/09/10 「更新業務情報(たんに一寸アニメ評)」
□ 07/09/01 「続・アニメ補給戦 (たんに備忘録)」
TOPに戻る

「更新業務情報(たんたんと、一寸アニメ評)」 2007/09/20

 クイックた〜ん!(挨拶)

 という訳で、今回こそは15秒で読み流される更新にしたい(目標)


 □ 週一アニメ評

 ○ シリーズ篇

 ▽ らき☆すた  最終話「未定」

 評 もってけチアガール+学園祭前日はよかった。 よって、シリーズ全体総合評価 Aとしたい。

 さて、ラストを、バックサスの手法を用いながらホワイトアウトさせた後、うる星やつら2 ビューティフルドリーマーのEDのパロディーを、黄昏れた雰囲気を漂わせた鼻歌で演じたきった白石は、現在も押井マフィアの間では、難問とされている「あの最後になった鐘の音は一体何か」に、一石を投じたと感じた館長である(←館長は押井マフィアでもかなり異端に属する)

  最初の第一話のOPに戻り、永遠の夢邪鬼らき☆すた世界が続いていくのか? それとも祭りの後に、皆味合う消失感を表したものか……いや、この世界を構築した夢邪鬼が……etcetc.

まさに、謎は深まるばかりである(←勝手に謎の穴を掘り埋まる人←押井演出の狙い)

 そもそも、BDの、このラストの雰囲気とは、学園祭の準備がすべて終わり……「今日は学園祭当日」である事すら、未だ夢邪鬼の作った夢(現実と同一)ではないか?と言う余韻を増幅させるものである。

今、幕が上がる……それは一体何か? そしてそれは、らき☆すたラストにおいて、こなたたちチアリーディングチームの心理的な推移を描写し、幕が揚がるフレームがホワイトアウトする演出の回収(演出にも回収が必要である)が意図されていると館長は考えるものである。
つまり、こなた達が予行演習でやり遂げた、チアの演技は本番で成功したのか?否かを問うものであろう(←更に更に深く掘りまくる人)

 しかし、そのシーンはホワイトアウトし描かれずアイキャッチを挟んだ上で、BDのエンディング「愛はブーメラン」をひっさげた白石実写MAD(笑)EDが、唐突(ここポイント)に始まり、樹海で、ホテルのあんま機で…そして、あの問題の鐘が鳴るシーンでブラックアウトするのである。 

余談だが、このブラックアウト部分はBDでも非常に重要な要素であり、後「2秒前後」欲しかったものである。

故に、アニメ漫画戦域で継戦26年目に達しようとしている、萌えGI将官たる館長的には、

京都アニメーションもまた、まだ、押井的演出の域に達していないと感じるものである

…………はっ!

取り乱しました(またか)


  危うく長くなるところであった(手遅れ) 

 ○ らき☆すた最終話の萌え的一寸評。

こなた、かがみん、つかさ、みwiki…

白いのは、プリーツスカートの折り目の内生地である

あやのん、みさお、ゆたか、みなみ、ひよりん、パティーが演じる。

ええい、あやのんを前に出せぇ(ダメ)

フルバージョンもってけチアリーディング美味しゅう御座いました。

 チア演技描写における、カメラワークやフレーム構築の妙、美味しゅう御座いました。

 白石のBD、愛はブーメラン、美味しゅう御座いました。

 愚息は、己の萌えに逝き、そして萌え散ったのです……昭和59年春三月(うる星第128話、スクランブルラムを奪還せよ・メガネ著)


 ▽ フルメタル・パニック!The Second Raid 

 評 テッサの乙女チック萌え回路(萌え風水単語)が発動した模様。 やはり女の愛憎劇は絵になるなぁ。

 余録であるが、末弟がフルメタ文庫版全巻を揃えていることが判明したので全巻を強奪賃借し完読。 

 ダメダメビブリオマニアである、読子・リードマンにまた一歩近づいたと感じる、廃人級社怪人(萌え社怪学的造語)の館長であった(←速読+節を付けて音読は館長の十八番) また、ハルヒ文庫版(現在八周目←過去ログ参照)でもそうであったが館長は音読の際「……」(三点リピート)は、「てんてんてん」と発音する(どうでもよし)

 さて、AT-XにおけるフルメタTSRは、OVA「わりとヒマな戦隊長の一日」を放映する模様である。

 去年放映された、涼宮ハルヒの憂鬱のCMでは、このOVAのCFを流していたが、ここで一気に売りまくる算段であろうか。 館長は、女帝けもこびるの短編集「商魂」の主人公等に匹敵する、京都アニメーションと角川の商魂に脱帽するものである。


 ▽ 瀬戸の花嫁 第19話 

 評 お見事である!

 まさにうる星のエッセンスを見事消化し、瀬戸嫁(お食事処での略称)エピソードにおいて、見事昇華されたエピソードと評価したい。

 余録であるが、瀬戸嫁のコミックス原作も「末弟の部屋で発見」 その報に接した、お食事処機動部隊は、直ちに飛行甲板上にある、アイボールセンサー攻撃隊に発艦を下令した。 

 攻撃隊は瀬戸嫁全巻に対し奇襲読書を敢行、これを完読殲滅することに成功した(←ヒデエ兄貴だ)

しかし、原作は、絵と構図がやや雑だなあ(うるさいよ) 


 ▽ もえたん  第5.5話(総集編)

まさに森の妖精!

 評 ケロちゃんコーナーなーくんが選ぶ萌え萌えシーン第一位は、ありすの水浴びではないかと思った館長である(へんたいしんじゃえ!)

若く瑞々しい艶な肌をしたたる雫!

水面に映る炉体型!

宙を舞うロングヘアー!

切れ上がった尻!

そして、名塚佳織ヴォイス!

ああっ!名塚可愛いよ未夢可愛いよ!(マテ)

 ………お食事処は、だぁ!だぁ!だぁ!サイトでもあります…だぁ!だぁ!だぁ!のSSあるし(弱気)


 ▽ CODE-E 第五話

 実に退屈ではあるが安心して鑑賞出来る凡作である(お食事処では最上の褒め言葉)


 □ 秋期アニメ TVQおよびAT-X放映予定(館長チェキ分) 

○ 絶賛PV中のOVA こはるびより Prat.T AT-Xで放映決定 (日) 24:00〜 (10月14日)

評 やはり、日本のロボット産業が真に目指し開発すべきは、我がネ申、推名高志先生の短編「ミソッカス」の家電アンドロイド少女であろう。


○ フルメタルパニック TSR OVA 「わりとヒマな戦隊長の一日」 AT-Xで放映決定 (火)09:30〜 (10月30日)


○ スケッチブック AT-Xで 放映決定。 AT-X (木) 10:30〜 (10月04日より)


○ しゅごキャラ TVQ及びAT-Xで放映決定。

▽ TVQ(日) 07:00〜 (10月07日より) ▽ AT-X(金) 11:00〜 (10月19日より)


○ みなみけ TVQおよびAT-Xで放映決定

▽ TVQ(月) 26:53〜(10月08日より)  ▽ ATX(木) 11:30〜(10月25日より)


○ キミキス pure rouge RKBで放映決定。

▽ RKB(日) 26:13〜 キミキス pure rouge (10月07日より)


 □ 現在のD-VHS録画 対象

 ○ ATX (木) 09:30〜フルメタ TSR

 ○ ATX (木) 11:00〜瀬戸の花嫁

 ○ ATX (金) 11:30〜もえたん

 ○ ATX (土) 12:30〜CODE-E

 □ 視聴のみ。

 ○ AT-X フタコイ オルタナティブ (地政学的、外交戦略的な用法では、〜のオルタナティブ(代替戦略)と呼称する)

 ○ AT-X 十衛兵ちゃん2 (視聴は義務だろうと思う)

 ○ AT-X School Days (こいつぅわぁ難敵であるっ!総員鬱バッドエンドルート防御カカレ!)

 ○ AT-X ロケットガール (JSAT国策プロパガンダアニメだが、餓島を中心としたソロモン諸島を舞台にするとは侮りガタし!)

 □ アニメ及びTVに関する総括 

 お食事処館長は、もはや民放を見ていない。 ニュースはネットとスカパーの外電だけである。 つか地上デジタル放送は必ずコケるね。自然環境が激しい日本列島にあんな規格を……(冷笑)


 という訳で、初期の目標であった、15秒で読み流せる更新内容は脆くも崩れ去り、己の老いに暗澹たる思いに囚われる、お食事処館長です。 しかし、次回こそは15秒で…(誰も信じておりません)

 □ 内政の教訓。

 出来レースに見えないよう演じるのもタイヘンだねっ!テヘ?

 □ 今夜の教訓

 ロシアの冬将軍はまだか!!(暑い)

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「更新業務情報(たんに一寸アニメ評)」 2007/09/10

 さくらたん!(たん繋がり挨拶)

 突然ですが、知世さまの情報候察講座(さくら繋がり)

 とりあえず、ロシアのカザフ(バイコヌール)で、日本のJSATの衛星を載せていたロケットが、発射後制御を失った上で墜落し、カザフ領内に破片が落ちまくって、カザフがバイコヌール基地と、その破片墜落地域を一時封鎖した事は、日本では詳しく報道されませんでしたね。

 その後、消息筋からの追送情報も途絶えたので、もしかしたら、後ろの方は誤報なのかもしれません(候察続行)

 それ以上は、館長もノーコメントである、あの組織も頑張っているのだ……多分(祈るように)


 □ 米露間の懸案 (MD/ABM・配備問題)

 ABMに関する張り合いは、MDの配備の焦点であるチェコ議会が、約一ヶ月前に「配備に関する議決」を先送りにし、ポーランドもその結論(落とし処)を先送りにしております。 そもそもポーランドは選挙らしい(議会勢力図が変わるかもしれない)

 しかし、この両国の意志とは関係無しにもう纏まりそうです。 そして、それに関連し、ロシアが態度を軟化させている事が、以下の何でも無いコメントから読みとれます。

 ○ ロシアは、ベラルーシに対して核兵器配備の予定も必要もないとする。

 つい、二ヶ月前には、配備する必要性があるとか匂わせてましたが、ここに来て変更(また変わると思うが)

 ○ ロシアは、陳腐な冷戦体制に、回帰する事はない。

 ロシアの年次報告 プロパガンダを引っ込めた模様。 

 1. 米露の間に、世界の安定に関する手段に何らの差異も障害もないと強調しつつ、NATO(EU連合) 米、露(CIS)の三強による安全保障システムを例示。

 2. NATOの東方拡大政策は、ロシアにとって、バルカン半島における権益(コソボ・ロシアは分離独立に反対)よりも関心が低い事項である……が、それ故に関係各国(NATO/米国)は、それに配慮しなければならない。

 …抜け目ない国ではある、交換条件に絡めてきてます(昔からだが)

相変わらず、バルカン半島は世界の火薬庫であり続けるらしい(迷惑極まりないが)

 つうか、ここまで、もつれる原因は、バルカン半島における民族分布と、その地域が辿ってきた複雑な歴史が遠因であるが、説明すると長くなるので端折る。そもそも館長の専考は東洋史であるので、バイアス無く記述する自信が無い(←逃げ) 

 興味があるムキは、世界史の教科書で十分なので(マジで)、ビザンティン帝国崩壊頃と、オスマン帝国衰亡期(ロシアの南下とギリシア独立・英帝国のバルカン政策あたり・18世紀後半から19世紀)頃の章を読むと、その輪郭がつかめると思う。

 ○ 極東。

 極東は、六カ国会談で、ひたすら時間稼ぎが吉であろう。 と言うか、毎年毎年、それも冬の前に、よく大水害が起こる国であるなあ(色眼鏡を掛けた発言)

 閑話休題。


  □ 週一アニメ評

 ○ シリーズ篇

 ▽ らき☆すた  第22話 ここにある彼方

 評 かなた篇は、彼岸の入りを意識したものであろうか(意味深) 

 それにしても、かなた可愛いよかなた、島本須美可愛いよ(結局)

 ▽ フルメタル・パニック!The Second Raid 

 評 仔猫でオナれる、イカレたマッドなゲイツが、益々お茶目なヒトに見えてきた。 繰り返して言う!悪の漢では無かったのか!(←ダメ) 

 ▽ 瀬戸の花嫁 第19話 

 評 ルナパパのみが光っていた。 

 唐突に始まった、映画を撮ろう的なエピソードが、結局消化不良気味で終わったのは、あの悩ましいチェキストの立ち位置が、未だ定まっていないのが原因ぽいな。

 ▽ もえたん  第5話

 評 存在の輪というか、もえたんで、すこしふしぎネタをやる必要があるか無いかは、おそらく問題ではなかろう。

 あの制作スタッフと、視聴対象の大きなお友達にとって、こう言うエピソードは常に必要であり、お約束なのである。

これも、というべきであろうか(山本五十六風に)

 ▽ CODE-E 第4話

 そのその可愛いよ、そのその、名塚可愛いよ名塚(それしか言うことはないのか)

 という訳で、千波美が読子に見える事を利用し、R.O.D 12巻が事実上放置されている現状を鑑み、読子分の代替萌え補給源を、このアニメに定める(←病気) 

 ちなみに園美は、菫川ねねねに見えてきたので、かなり重傷と感じる館長であった(似てねぇよ)

 ……千波美のCVを三浦理恵子にしておけば、もっと人気があがるだろうに、実に惜しい事だ(うるさいよ)…さてTV版R.O.Dでも見よう(読子30歳)

 ▽ 絶賛PV中のOVA こはるびより

 PVだけは、よく見える作品って多いよねー。

 □ 秋期アニメ 予定 

 ▽ スケッチブック (AT-X 放映決定)

 コミックブレイド(+MASAMUNE含む)は、A・R・I・A の次は、これで稼ぐ模様。

 ▽ みなみけ (TVQはまだ不明だが、テレ東系六局ならば…)

 様子見。


 ……以上、そんな感じで、お食事処館長です(挨拶が最後になった)

 □ アニメの教訓

 秋アニメは、数こそ多いが小粒が多そうである。

 □ 政府の教訓

 内閣総辞職がよろしいでしょう、今この時期に解散を言うようなら、そんな総理は除名してしまえ!(吉田内閣 松野鶴平 国務大臣風に )

 □ 今夜の教訓

 家内が忙しいので更新は沈滞します。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「続・アニメ補給戦 (たんに備忘録)」 2007/09/01

 いきなり某内閣にけちがついた模様ですが、お食事処館長は内政には興味がないので省略します。 ま、自民党・保守層を、全部敵に廻してやっていけるタマじゃないし、リークされまくりなのはしょうがないか(結局コメント)

 そんな訳で、崩壊寸前の内閣の話をマクラに、アニメ戦域の戦勢を書いて今回は締め。

 □ AT-X TVQ地上派 秋期戦域戦勢判断 「再び混沌」


 ○ シリーズ篇 録画中

 ▽ らき☆すた アニメ公式サイト (月) 25:53

 評 浴衣着の羽織の裾からのぞく、かがみの腰のラインが可愛いよ。

 ▽ フルメタル・パニック!The Second Raid アニメ公式ページ (火) 09:30

 評 あのイカレたマッドなゲイツが、だんだん、お茶目なヒトに見えてきた…悪の漢では無かったのか!(ダメ) 

 ▽ 瀬戸の花嫁 アニメ公式サイト (木) 11:00

 評 チェキスト登場!人魚チェキ!そして燦の性徴もチェキ―――! 

  これだから政治将校チェキストは悩ましい!そしてチェキストは見事に散華してこそ華である(理由は以下)


  参考 小林源文著 第三次世界大戦での、ソ連軍OMG司令副官アレクセイとチェキストのやりとり。

  チェキスト「OMG軍集団長は敗北主義者であったから射殺した、今から君が司令官だ」
  アレクセイ「よしっ!オレか!」「命令だ!死ね!チェキスト!!」 Paaaan!!
                         (コンバットコミック・各作家相乗り企画で初出は1988年だったような)


 ▽ もえたん アニメ公式サイト (金) 11:30

 評 名塚佳織可愛いよ、名塚(結局)

 ▽ CODE-E アニメ公式サイト (日) 12:30

 たんに、千波美にアースを付ければいいだけの話だと思うのだが(うるさいよ) それはさておき、実際見ても、このアニメは、エラく古風な作りである。


 ○ OVA  録画

 ▽ ARIA The OVA 〜ARIETTA〜 アニメ公式サイト (いつまで引っ張るんだこのアニメ企画)

 ▽ 苺ましまろ OVA アニメ公式サイト (三話分完了)


 ○ 未録画分回収予定 アニメ

 ▽ おとぎ銃士赤ずきん アニメ公式サイト (最後はぐだぐだだった)

  (1話〜9話分回収・10話〜39話はSTD録画済み) 2007年9月25日(火) 週帯枠 (8:30/15:30)

 ○ 鑑賞中

 ▽ フタコイ オルタナティブ アニメ公式サイト (日) 13:30/23:30)

 評 リアル放映当時はいろいろ物議を醸したが、やはり、面白いものだ。


 ○ 9月分新規アニメ つまらなかったら 悪 即 斬(斉藤一)

 ▽ SHUFFLE! アニメ公式サイト (おみまゆヴォイスを久しぶりに聴きたくなった)

  2007年9月26日(水) (水)9:00〜

 ▽ GIRLSブラボー first season アニメ公式サイト

  2007年9月25日(火) (火) 9:00〜

 ▽ かりん 公式サイト 

  2007年9月14日(金) 13:30〜

 ▽ 宇宙空母ブルーノア  (懐かしいノゥ)

  2007年9月16日(日) 24:00〜26:00 第1話特別編 第2話より 毎週(日)11:00/19:00

 ▽ 鉄腕バーディー 作者 ゆうきまさみ公式 (懐かしいノゥ…)

  2007年9月23日(日) #1・2 24:00〜 2007年9月30日(日)#3・4 24:00〜


 ○ PV中

 ▽ OVA こはるびより (えーと、PVはいいけれど、OVAを買えと?)

  電撃系か…どうかいな、とりあえず、まほろさんの……

「えっちなのはいけないと思いますっ!!」

  ……という川澄ヴォイスが聞こえてきました(幻聴)

 □ AT-X 総評 

 ますます混迷の度を極める、放送ダイアグラムに糸色望した―――!←ダメ社怪人。

 閑話休題。


 □ NV-DHE20 デッキオーバーホール完了(二回目)

 ○ 交換部品 ヘッド・キャップスタンベルト・ローディングギアセット・内部清掃・その他

 古代 守 「沖田艦長!アニメ録画オタは録って録って録って、最後の一本までアニメを討ち録って散るべきじゃないんですか!」
 沖田十三「そうだ!天佑を確信し全力録画せよ!」←(元ネタを否定するセリフ)

 □ 知世さまの世界情勢候察講座。

 ロシアが静かになったな……さて、またロシアにダイブするか(どこの諜報員ですか)

 □ 今夜の教訓

  TVQ 地上波 秋アニメが不活発なのが気になりますね。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る