山奥寒村お食事処 新館 [いんふぉめーしょん] [りんくのぺーじ] [SS Contents] [つれづれレビュー] [お食事処旧館]

お食事処館長 task17@mocha.ocn.ne.jp since 1999/10/12          Welcome visit

  お食事処館長暇潰しレビュー  2007年 7月 後半


□ 07/07/21 「更新業務情報(何処まで続くリリアンよ)」
□ 07/07/21 「アニメ補給戦!(AT-X 放映予定)」
□ 07/07/18 「平成19年 中越地震速報(防衛省・国土交通省)」
TOPに戻る

「更新業務情報(何処まで続くリリアンよ)」 2007/07/26

 マリアさまがみてる4期 リリース決定

 ごきげんよう、お姉さま(野太い声で)

 ちなみに、マリアさま原作文庫本は、2003年春、第一巻の十数ページを切っただけで、後の続刊は買ったまま積読状態に陥り、そのまま現在に至っている館長である。 

 当に、本読み妖精にあるまじき、ヘタレ振りの館長に糸色望したー(自己嫌悪)

 つうか、まだ引っ張るのかこのシリーズ(まぁ、引っ張るべきだと思いますけど)


□ 知世さまの情報候察講座。

 欧州方面は、今の処、余り目だった動きもないようです。 しかし、プーチンの萌えるおぢさまも、ちょいとオイタが過ぎた模様です(将棋の指しすぎに近い)。

 そんな訳で、我らが自由主義圏の盟主、ブッシュ.Jrの回復を待ちつつ、某条約を離脱したロシアが曰う、条約要項の猶予時間のタイムリミットまで、関係各国は、MDやバルカン問題等の調整を行うんでしょうな(遠い目をしながら) 

 結論として、諸処の問題は、多分9月まで持ち越しでしょう。

 そんな訳で、相手を追いつめない様に、何かと理由を付けては猶予の時間を設ける世界政治とは、やはり複雑であるなと、再度認識するお食事処館長であった。


□ 昨今の世界経済候察。

 一応、ヘタれ経済学部経済学科卒の私でも分かりますし、その結論は一言で十分です。

 インフレに突入しています。 

 何度も書いたのですが、マクロ経済の視点で見るなら、確かに現在もデフレ傾向に見えます。 しかし、ミクロレベルでは明らかに、インフレの加速度が上がっています。 インフレでもないのに、長期金利(長期プライムレート)が上がる理由はありません。

 また海外でもインフレ懸念(実際はインフレではあるが、そう書けない事情が多い)が高まっており、スイス、欧州圏、米国圏での金利上昇、そして同時に行われる金利据え置き報道(火消し)のイタチごっこは、見てて微笑ましいです(投資家対策と思われます)

 さて、ミクロにおけるインフレ化の根拠は、過去、灯油の値段話でもした時に用いた、館長の外部電脳「Palm Vx」と、そのデーターが蓄積されたPalm デスクトップにある、細々とした家計簿等の数字からです(2000年9月〜2007年現在まで)

 信憑性云々もあろうが、7年に渡って記載された、諸々の商品の小売り価格(値段)の変遷データーは、十分信頼に値すると思う。

 もちろん、全てのデーターを現在のPalm Vx(小判鮫)に入れている訳ではなく、各年ごとにデーターを分割して管理しております。 現在持ち歩いているPalm Vx には、2004年10月〜2007年現在、までのデーターを入れています。 ただし、スペック上、挙動が重いのが難点ですね。


 □ 今月の更新の教訓

 7月は、今回で終了です。

 □ 今夜の教訓

 萌え産業が複雑化し、しかも加速度的に、その量が増えつつありますが、これは、風水工学的(特許元・やまもと氏)には、萌えのマス時代最後の煌めき、と感じている館長である。 

 萌え風水学的な呼称としては「萌えマス時代」としたいがどうだろうか?

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「アニメ補給戦!(AT-X 放映予定)」 2007/07/21

 AT-Xは、夏休み開始に当たり、新規会員獲得・疾風怒濤のローラー大作戦を開始したらしい(九能帯刀風挨拶)

 と言う訳で、D-VHS弾をそろそろオーダせねばと、wkkr(まなび)している、お食事処館長デス。


 □ AT-X 夏期戦域 新規放送 (第一話 放送日順)


 ○ School Days アニメ公式ページ 07/07/12(木)スタート 毎週(木) 10:30/21:30 (月) 14:30/24:30

 ▽ コメント 鬱ゲーの金字塔らしいが、館長は意味不明であった……これが世代間における鬱格差か!

糸色望したー!(うるさいよ)

 ▽ 一寸評 アニメもやっぱり意味が分かりませんでした……(1話目で挫折)


 ○ 桃華月憚 アニメ公式ページ 07/07/20(金)スタート 毎週 (金) 07:00/12:00/18:00 (日) 15:00

 ▽ コメント オービット(エロゲ)+ヤミ帽スタッフ(老舗のディーン)+エロベックスの最凶コンビが再来。 

 ▽ 一寸評 観たけど、やはり、その設定の倒錯っ振りは、ヤミ帽から全く変わってないです。 (1話目で挫折)←ヤミ帽と同じ


 ○ フルメタル・パニック!The Second Raid アニメ公式ページ 07/07/31(火)スタート 毎週(火) 09:30/20:30(金) 14:30/24:30

 ▽ コメント さて、マデューカス副長と、イカスおぢさまイワンこと、カリーニン少佐に期待が高まる(ソコですか?)

 ▽ 一寸評 録画体制完了。


 ○ スカイガールズ アニメ公式サイト 07/08/02 (木)スタート 毎週(木) 09:00/20:00 (月)13:00/23:00

 ▽ コメント こにゃみが要らん事をせねばいいんだけどな。

 ▽ 一寸評 録画体制完了


○ もえたん アニメ公式サイト 07/08/10 (金)スタート 毎週(金)11:30/22:30 (火)16:30/26:30

もはや扇情的ではなく、某規制団体への挑戦だな
▽ コメント

 爽やかに、そして気持ちよく狂っている魔法ょぅι゙ょアニメ。

 白すくみじゅぎコスとブルマ、おぱんちゅ、ニーソックスにサイ・ハイソックス等、とにかくコスチューム(萌えモジュール)に関しては、何でもアリの魔法少女アニメに仕上がっていて、好感が持てます(ぉ)

 また、魔法コスプレ少女のお約束であろう、変身バンクの狂い飛ばし振りはネ申であろうし、その偏執的なまでの痴丘描写と、谷間付近における緻密な描写へのこだわりは、ナジカ電撃作戦を彷彿とさせるものである。

 そう言う方向性では、神の如き知世さまがご活躍なされる、さくらキャプチャー知世さまにおける、魔法少女さくらちゃんを、ある意味超えたかも知れない。

 しかし、何かが狂っているのはまず間違いない(主にスタッフが)

 その他、汁表現の暗喩(メタファー)、天から炉(素股開いて)が降ってくるとか、シュチュ的な要素においても、爽やかに、そして、気持ちいいぐらい狂っていますね(褒め言葉)

 ある意味、もえたんと言うアニメは、萌えアニメGI廃人戦士達が、最後に辿り着く涅槃的アニメであり、主人公の、いんくたんは、その穢れたオタ魂を刈るワルキュレーであるかもしれない(遠い目をしながら)

▽ 一寸評 

 天佑を確信し、もえたんの変身シーンを録画セン!←へんたいしんじゃえー!(結局)

▽ 追記

 お食事処館長は炉ではありません、信じてください、つか信じろっ!(説得力皆無)



 ○ CODE-E アニメ公式サイト 07/08/19 (日)スタート 毎週(日) 12:30/20:30 (土) 08:30

 ▽ コメント 理系メガネのドジッ娘で電磁波を操る女かっ!と言えば聞こえがいいが、エラい古風な設定で迫ってきたと思う。

 ▽ 一寸期待評  まさか、文系メガネのドジッ娘(?)で、紙を操るザ・ペーパー、読子・リードマンの対抗馬か!(もちつけ)


 ○ 苺ましまろ OVA シリーズ・全三話 アニメ公式サイト 07/08/19(日)スタート 毎週(日)25:00 (土)19:00(OVA枠)

 ▽ コメント エラい早く、AT-Xに降りてきたものである。OVAの売れ行きは良かったのだろうか?

 ▽ 一寸期待評 天佑を確信し、可愛いは正義 を録画完遂すべし。


 ○ ぽてまよ アニメ公式サイト 07/08/23 (木)スタート 毎週(木)09:30/20:30 (月)13:30/23:30

 ▽ コメント ノーコメント。(←ダメらしい)

 …以上が、AT-X戦域における、敵新萌え戦力の全容である。

 □ 付属

 ○ こどものじかん コミックハイで連載中

 ▽ コメント いろんな意味で、どうだろうかと思う館長である。


□ AT-Xの教訓

 今回の更新は、館長用の備忘録です。

□ 今夜の教訓

 今年は冷夏ですね。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「平成19年 中越地震速報(防衛省・国土交通省)」 2007/07/18

□ 防衛省

 ▽ 平成19年新潟県中越沖地震に係る災害派遣について (17日 19時00分現在)

 ▽ 平成19年新潟県中越沖地震に係る災害派遣について (18日 21時00分現在)

 ○ コメント 遂に、エアコン100台を投入!

□ 海上保安庁

▽ 平成19年新潟県中越沖地震関連 (随時更新しているみたい)


□ 国土交通省 国土交通省防災情報

 ▽ 平成19年(2007年)新潟県中越沖地震について(第6報) (*.pdfファイル注意)

 ▽ 平成19年(2007年)新潟県中越沖地震について(第8報) (*.pdfファイル注意)


 被災地の復興を心よりお祈りしております。


□ マスゴミの教訓

 マスコミはちゃんと報道しろよ。同じフィルム何度も何度も流して…ってもう期待もしてないが(何度目)

 ―――追記 2007/07/19 産経新聞 引用(ネット版)―――


 柏崎市が救援物資の受け入れ制限 中越沖地震

 新潟県中越沖地震で、柏崎市は19日、救援物資の保管場所がいっぱいになったことから、食料以外は受け入れを制限することを決めた。

 個人からの支援は受け付けていなかったが、今後は自治体や企業からの救援物資も制限するという。

 市によると、総合体育館や武道場など、市内の7施設を倉庫として利用していたが、救援物資が大量に届き、これ以上保管できなくなった。

 市は今後、必要に応じ、物資の支援を要請するという。(全文引用ここまで)


 ○ コメント 災害時における救援物資の運用作業(トランザクション処理)とは、作戦時の補給を司る兵站業務と同じである。 

 七箇所の物資集積所(軍事でも同じ物が存在する)から各方面に対し、必要な物を、必要な時間に補給(配給)する兵站計画の策定は非常に難しい。 特に、災害の場合は尚更である。 故に、これは地方自治体が持つ規模の組織(セクション)や設備(インフラ)では、到底処理出来ない問題である。 

 軍でさえ、過去幾多の作戦で、物資集積所がパンクし、前線への兵站システムが破綻している。

補給兵站学とは、萌えGI風水戦士が持つべき教養である

 イラク侵攻でも、海外派遣でも、インド洋でも、ノルマンジーでも、そして大平洋でも。


 ま、しかし、マスコミが如何に偏向的且つ、超ミクロで例外的な事象の映像をもって歪んだイメージを視聴者に垂れ流し、いかにも現地では物資が足りないと言う映像を捏造していた事実の裏が取れたので良しとしたい。 

 マスコミの報道車や、取材陣が自律的に行動出来ること自体で既に、語るに落ちてはいたが……。

 館長が、国内情勢はスポーツ新聞で事足りると言う訳の一つには、こう言う事を何度も何度も繰り返す、マスコミの無教養節操の無さにある。

□ 追記の教訓

 災害時における補給、そして兵站策定ほど難しい物はない。

□ 萌えアニメGI戦士の教訓

 萌え関連情報の収集、解析、評価は、萌えアニメGI風水戦士の一般教養であろうと思う。

□ 今夜の教訓

 やっと雨が上がった…しかも北には寒気団があり、気温は低め。 これは絶好の耕作日和である。 鍬持って耕すか。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る