山奥寒村お食事処 新館 実験中 [いんふぉめーしょん] [りんくのぺーじ] [SS Contents] [つれづれレビュー] [お食事処旧館]

お食事処館長 task17@mocha.ocn.ne.jp since 1999/10/12          Welcome visit

  お食事処館長暇潰しレビュー  2007年 4月


□ 07/04/22 「マサチューセッツッ!(週末アニメ評)」
□ 07/04/15 「天佑を確信し全力録画セヨ(録画開始コンテンツ)」
□ 07/04/07 「2006年度・第四期アニメアカデミー賞授賞式(毎期好例)」
□ 07/04/04 「海図の謎(今も謎な南太平洋)」
TOPに戻る

「マサチューセッツッ!(週末アニメ評)」 2007/04/22

 美羽ちゃんの咆哮で、長年の懸案であったサウスダコタ級全艦の名前を館長は覚えることが出来た!(艦船研究者にあるまじき発言)

 と言う訳で、サウスダコタ級は、サウスダコタ、アラバマ、インディアナ、マサチューセッツの四隻です。 

 つか、前一番二番四番艦は、既に中学生の頃には覚えていたのですが、三番艦のマサチューセッツは大西洋戦線、北アフリカでの作戦が初陣で、更に太平洋戦線での天王山である”マリアナ沖海戦に不参加”という、敵にあるまじき戦歴が災いした為、今まで長期記憶として定着するに至りませんでした(WLでは後者二艦が未モデル化・89年頃)

 そんな訳で、遙か以前(26年ほど前)より、何とか覚える努力をしてきたのですが、なかなか関連付け(脳内Operating System で)が出来ず難儀しておりました(マジで)

 しかし、ネ申は、斯様なヘタれ館長に、「苺ましまろ」を使わし、美羽ちゃんのブランコシーンと、ブランコから飛び出す美羽ちゃんのセリフを授けたのである。 それが今回のタイトル「マサチューセッツッ!」である。 

 炉の生態をネ申の視点で描写する作品、苺ましまろは、館長の長年の懸案ですら解決する威力を持っていた。 

まさに、可愛いは正義!であろう(感慨を込めながら)←バカ


さて、もう一丁……。

勝手に改蔵…違った!…さよなら糸色望先生のアニメ化に糸色望した―――!(祝辞)

糸色望した―――!(褒め言葉)

久米田康治先生の糸色望奥義に糸色望した―――!(祝辞です念のため)

……と、勝手に改蔵さよなら絶望先生・第八集を狩って参りました(私は本を狩るものだから)←舞風に

そしてもう一丁……。

並んだな、並んだね、並びましたね(意味深)

 絶望先生の横に、八巻寄り添う様並んでいるのは、お食事処に君臨すれど統治せずの立憲君主たるタマモ女王陛下を生み出したネ申、椎名先生の絶対可憐チルドレン(一巻〜八巻)です。

 ちなみに別段、一緒に並べてる事に深い意味はありませんが、椎名先生には頑張って頂きたいモノであります。

確かに、アニメ化では抜かれましたが、勝負はこれからです。 週刊少年サンデーに君臨すれど統治する女帝!けもこびるの野望を阻止できるのは、椎名センセだけです。 当に天佑を確信し、全力執筆頑張ってください、お食事処は、何処までもお供致します。


あぁ…そうそう久米田先生?そのネタは、まだ時効ではありませんYO!いくら、その話は止めておこうったってもう遅い!(何で?)

1999年当時ジャンプ「ヒカルの碁」サンデー「歩武の駒」マガジン「コマコマ」

 絶望先生八巻75話のとあるコマで晒されている「サンデーの駒」とは、かつて恐怖のガイジンと霧島の暴走によって壮大な自爆を演じさせられた(交替した担当編集者が原因)村川和宏先生の「歩武の駒」でありますね?(描写と1999年と言う時期的に)

 歩武の駒、連載崩壊についてお知りになりたい方は旧館にあるコンテンツでも読んでみてください(ひゅ〜どろりらどろりら)

それはともかく。

 古今無双、壮烈無比なる突入自爆歩武の駒の打ち切り後、先生は心気一転、ヤンサン誌上で「葉弥」を連載開始。 しかし、この糸色望マンガ先生は、またもや自爆を演じさせられ(カクマ+編集絡みで)、結局学年誌送り(専門用語)にされました。 

 しかし、運命とは分からないもので、そこで完全タイアップ・シナリオアナタ任せで連載したマサルの一手(2002年六月頃開始)は何故かクリーンヒット

 通常、学年誌連載の漫画作品は、滅多にコミックス化はされないのですが、村川センセの作品は、そのジンクスをうち破り、また、てんとう虫コミックスも巻数を重ね、売れ行きも好調の様です(後、イベント系も) 

 以上、斯様な七転八倒マンガ家人生を踏みしめてきた村川和宏先生こそ、マンガ家的絶望を味わい尽くし、真の糸色望奥義を極めた者が到達する”糸色望ネ申”の尊称を冠した”糸色望先生”にふさわしいと考える館長であります(萌え風水学格言)

 しかし、三作目でようやく光が差したマンガ家って言う要素で考えると、同じように、南国→ぽかぽか+(育って)→改蔵―(ジェリコの壁)→糸色望先生 と、言う歴史を歩んできた久米田康治先生もまた、糸色望奥義を極めた、”糸色望ネ申”と言う尊称を冠した”糸色望先生”と言えるでしょう(落とし処)

 以上、糸色望義務的更新終わり(何の?)


 そんな訳で、またもや長い前フリで、時間を有意義に浪費した、お食事処館長デス。(挨拶)

 そんな訳で、サクサクとアニメ一寸評行きます。

□ 地上波アニメ戦域 状況「苦戦中」

○TVQ (月) 25:53〜 らき☆すた 評価↑ AA+

寸評 こなちゃんの父、泉そうじろうはまだか!ヤマトはまだか!コン・バトラーVはまだかー!

○TVQ (日)26:45〜 ながされて藍蘭島 評価→B-

寸評 予想はしていたが、堀江ヴォイスプロモーションアニメという評価が、脳内演算で出力されました。

□ AT-X アニメ戦域 状況「戦線膠着」

○ ATX(木)10:30〜 フルメタルパニック ふもっふ  (2003年作品) 評価→B-

寸評 雪乃五月ヴォイス萌えー(ダメじゃん) それはさておき、シリアスな前作の方がよいと思った。

○ ATX (金) 11:00〜 ひとひら  評価↑A

寸評 川澄ヴォイス萌えー(それしか言うことはないのか) とりあえず安心して視聴できるアニメ。

○ ATX (水) 10:30〜 苺ましまろ 評価↑AAA

寸評 可愛いは正義!マサチューセッツ!溶けてませんわ……生天目(なばため)ヴォイスの伸姉萌え(もうええ)

○ ATX (金) 09:00〜 すもももももも 評価↓B

スタジオ雲雀は、まだまだ、らんま熱闘編シリーズの殺伐さを分かっていないっ!実に惜しい哉!(エラそう)

○ 総評 

2007年春期アニメ戦域での戦勢は必ずしも悪くはないが、かといっていいという訳でもない。


□ 書籍方面戦域

○ R.O.D 第10巻 読了 

第11巻は既に購入読了済 倉田、12巻はよう出せぇ―――!

○ 電撃hp 47号 現在三分の一。

読み応えあるのぅ。

○ 総評 現在も読書中。 更新沈滞の原因は大体これです。


今夜の教訓

自分の敷いた芝生や、庭木を弄るのが楽しいと感じる様な心境になってきました(爺むさい)

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「天佑を確信し全力録画セヨ(録画開始コンテンツ)」 2007/04/15

 福岡の中国領事館を華麗にスルーして帰国した、温家宝首相に糸色望したー!(挨拶)

 ……と言う事は大した訪問てことじゃなかったんだな(ヒデエ)

つうか、孫子曰く「敵の辞を低くして、言、緩やかなるや、すなわち攻めん」 で、東シナ海のガス田の操業開始ですか。

流石、孫子、韓非子を生み出した政治民族の中華帝国畏るべし!

 そもそも、中華の人は紀元前の昔から、権謀術数渦巻く歴史を今まで歩んで来た経緯から、人間的にかなり老成の域に達しており、それ故計算高くなっているので、別段驚く事はありません(乾いた声で)

しかし、日本には世界に誇る映像最終兵器たるアニメが存在しているので、これを武器に世界と十分戦えます。

 過去にも記述しましたが、漫画、アニメ映像貧困諸国、萌え貧困諸国に対し、湯水の様にアニメ映像とTV+録画再生機器を輸出し、電源変換機+VHS(DVDでも可)+TVを、武器(AK-47+RPG)と交換するシステムを作り上げ、彼等を萌え映像無しには生活できない様な、ライフスタイルを定着させれば、戦争とか考えなくなると思うのですが、なかなかそうは上手く行かない模様です(当たり前か)

 そんな訳で、でんぱな前フリ終わり、お食事処館長です、お元気でしたが?(誰も期待してません)

 つか、ここはBlogではなく、ウナギの寝床の構造を持った、館長暇潰しの為のコンテンツであるので、二行三行なぞの更新はあり得ない。 そんな更新はリソースの無駄である(断言) 

 しかし、新規入隊の萌えアニメGI予科生や萌えアニメGI将官候補生は(いるんか?)幸せであろう。 ここの様な更新形式を、現在もお食事処が継続していれば、ほぼ総員脱落となろう。

 そんな感じで、益々訪問者が激減しそうな事を曰りながら、本日の更新行きます(確信犯)


今期アニメ(第一四半期)録画表。

□ 地上波アニメ戦域。録画モード D-VHS STDモード 各コンテンツにDF-360 各1本を、優先配分。

○TVQ (月) 25:53〜 らき☆すた 第749巻 (放映時間に、常に注意、去年の世界卓球奇襲延長放映に備えよ)

寸評 遂に四コマ漫画までアニメ原作原案として動員した模様であるが、ここの監督は、いろんな意味で性格が悪そうなので、いい作品を作り続けるでしょう。 そして、同年代のアニヲタ(三十路から四十路)に、挑戦し続けるのでしょう。

 ちなみに、お食事処館長は、モノ書きや、絵描き、漫画家、映像演出家等の人種は、皆性格がすこぶる悪いものだと思っている。 でなければ、いいモノは作れないものである。

○TVQ (日)26:45〜 ながされて藍蘭島 第748巻 (ダメハーレムアニメである、頭空っぽ真っ白で鑑賞すべきである)

寸評 館長は、あの年齢不詳、正体不明の婆ぁこそ、藍蘭島のキモだと思っている。


 □ AT-X アニメ戦域  録画モード D-VHS STDモード

○ ATX(木)10:30〜 フルメタルパニック ふもっふ 第747巻 (2003年作品)

寸評 やっと廻ってきたか、今年のAT-Xは気合いが入っていますな。

○ ATX (金) 11:00〜 ひとひら 第746巻 

寸評 背景で出る風景は、微妙に日本ぽく無いのが面白い。あの橋はN.Yの、ブルックリン橋かね?

○ ATX (水) 10:30〜 苺ましまろ 第745巻

寸評 可愛いは正義!伸姉と美羽は、ガチ百合姉妹(←おまえは何も分かっていない)

○ ATX (金) 09:00〜 すもももももも 第743巻

寸評 虎編突入 馬仮面後の三話(館長的な点数としては65点)は、マジ乱馬的なエピソードに纏められている点に、スタジオ雲雀のこだわりを見た!(グロス、投げまくりと言う風聞もあるが) しかし、確かに雲雀が受注したくなるアニメであるな。

 つうか、全ての学園ハチャメチャラブコメアニメは、うる星らんまを越えなければならない。

打倒!女帝 けもこびる!(結局)

これは館長の持論である。

そう言えば、昨日4月13日は、諸星あたるの誕生日(C-WWW)であったな。

うかつ!←ダメうる星ファン


 □ 各種書籍戦域戦闘詳報

 ○ 涼宮ハルヒの分裂 読了 αとβ、かくして円環は閉じるのか!驚愕に期待。

 ○ 苺ましまろキャラクターソングCD 萌えた。

 ○ メガミマガジン 5月号 少し、イラストの仕上げ処理が甘くなってないか?


 □ 追加Order 

 ○ R.O.D 10巻(11巻は既に買って読了済なので、これで打ち止め)←マテ12巻を期待

 ○ らき☆すた OP もってけ!セーラーふく (予約だけしてきた←愚昧な老害オタ的消費)

  さて、電波ソングもここに極まれりと思うが、これ系の音楽は、テーマの後ろで流れる”背景とキャラがコラボしたアニメーションがあってこそのテーマ音楽”だと思うのだがどうだろう?

 つまり「ハルヒEDフルバージョンアニメーションリリース」に見られる様に、今やOPEDアニメーションとテーマソングは分離不可能になっていると、館長は思うのであり、そして、それを分からない、変人監督たる(褒め言葉)山本寛氏や石原立也氏ではあるまい。 つうか、うる星やつら、らんまは、既に、前者は25年前後者は17年前に、そう言う事をやっている。 よって館長と、ほぼ同世代の人間なら、そのコンテンツを、知らない事はまず無いと思う。

つう訳で……

殲滅!押井守と押井オタの道は、まだまだ遠いと知れぃ!(エラそう)


□ 余録 テロ東パンツ魅せない演出ドクトリンが、ついに独立U局アニメにまで浸透!

 テロ東パンツ見えない演出ドクトリンは、遂に他局のアニメにおけるスカートの構造にすら、その魔手を伸ばしていると、お食事処は候察した。

それは、正面を向いた立ち絵での女子キャラのプリーツスカートに顕著に見られる(下画像・オーバーレイ解除) 

円形で囲った部分が、問題のプリーツ部分

そう、プリーツスカートの前、約三枚(折り)分の布地である。 つまり、その左右の部分は良くひらめくが、そこだけは絶対にひらひらしないのである。 地球物理学を超越したスカートにおける演出は、あらたな上部構造へとシフトしつつあるのかも知れない。

また、各女子キャラが、アンダースカートタイプのペチコートを着用している事も特質すべき事かも知れない。

 何故なら、互いに独立して存在しつつも、キャラの肢体の動きによって、互いに違った動きをする、これらのオブジェクトを描写し”動かす”と言う事は、原画だけでなく動画においても、大変作業が複雑且つ煩雑になるからである。

 それはさておき、動かない布地については、ミルモでポン(2001〜2005)で、既に顕在化していた。 よって館長は、手前味噌な画像だけではなく、何れ整理した図表によって、これを萌えアニメ風水学的に解説したいと考えている。

以上、生存確認更新でした(オチ)

□ 今夜の教訓

 二分割すべきだったな。


□ 孫子の教訓 (追加 2007/04/15 00:00)

 どちらを選ぶべきかしらーん? (ぺりりゅーぺりりゅー 運営者・やらやら氏) 

上兵は謀を撃つ、その次ぎは交を断つ、その次は兵を撃つ、下は城を攻む

百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。

故に勝兵は必ず勝ちて、しかる後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いてしかる後に勝ちを求む。

故に善く戦う者は、人を致して人に致されず。

作者はPC-DIYでも活躍してた人

そして、「イギリスはすべての戦いに敗れるだろう、最後の戦いをのぞいて(by チャーチル

 と言う名言を曰った、中華、及びチャーチル率いるイングランドの歴史を、神の如き知世さまがご活躍為されるアニメ、さくらキャプチャー知世さまでの、さくらちゃんで、エンコードする事によって答えは得られよう(何故に)


『大丈夫だよ、ぜぇぇったい何とかなるよ!』 (by さくらちゃん 東京タワー決戦)

 と、星の杖を振り上げ、”アメリカン”という”クロウカード”を、粋なリアクションで宙を舞わせ、以下の様に唱えるのである。

『 北米大陸に閉じこもる事を是とする古きアメリカンカードよ!古き姿を捨て新しく生まれ変われ! 』

『 新たなる主、さくらが命じる、レリーズ! 』

『 カードが変わった!』(←小僧)

以上の様な、さくらちゃん決めポーズ戦略を、日本も身につけ見習うべきだと思います。


 それはさておき、カードキャプチャー知世さまのヒロイン(しつこい)木之本さくらちゃんは、神の如き知世さまや、ケロちゃん、観月歌帆、雪兎、桃矢より、次々と補給品を受け続ける事によって、数々の障害や罠を撃破し勝利し続けたのである。そして、ラスボスたるエリオルの親父を倒す事にも成功し、それによって、さくらちゃん自身も強大な魔砲魔法少女となったのである。 

 故にお食事処において、アニメ・さくらキャプチャー知世さまとは、夢と希望と補給に満ちあふれた、魔法少女アニメという位置付けとなっている。

 結論として、勝っている時が平和という魅惑的であるが、地政学的には非常に難しい外交上の課題は、既にアニメによって解かれてしまっているのである(変な結論)


□ 可愛い女子キャラ絵は正義!における同人誌的教訓

引用・同人誌生活文化総合研究所 三崎尚人の同人誌レポート2000年夏号 6頁より

岩田氏「結局はマンガを描くしかないんだよ」

三崎氏「当たり前の結論なんですけどね」

岩田氏「どんなきれいな絵、素晴らしい絵でも、絵は進歩しない限りは飽きられる。進歩しないと今のペースでは二年でしか持たない。(引用者注・2000年夏の話である) 進歩すれば飽きられる前に新しいものが見えるからいいけど、読者は同じものを見せられたら、どんなにうまい絵でも二年で飽きちゃう。特に男の子の場合はね」(引用終わり)

 実際、テキストコンテンツを主軸としたweb ページも、同じ事が当てはまるのである。

深く自戒とすべきであろう。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「2006年度・第四期アニメアカデミー賞授賞式(毎期好例)」 2007/04/07

 と言う訳で、唐突ですが2006年度・第四四半期(07/01〜07/04)までに、館長が視聴乃至録画したアニメを選定に掛け、お食事処アニメアカデミー賞を、勝手に決めて勝手に賞賛してみたい。

勝手に賞賛!そんな賞賛のされ方に糸色望したーー(意味不明)


□ 最優秀映像技術賞 最優秀舞台装置賞 最優秀アナーキー賞 そして、押井守 特別賞 受賞。

○ 魔法先生 ネギまっ! 新房 昭之 監督作品

 色々異論が有ろうが、アニメ映像における可能性を局限まで追求した作品として高く評価して推した。 

 ただ問題だったのは、TVへの映像送出規格が、先に挙げた”アニメ映像の本質と可能性と将来性を局限まで高めた作品”の意味を、TV東京の番組編成担当が全く理解していなかった事である。

 前回、掣肘悲惨賞としたのはそれが理由である。

 そして、館長は興味を持って、次の点を知りたい物である。 

 かつて、女帝けもこびるが味わった押井的洗礼を、赤松先生が、どう感じたかである。


□ 最優秀癒しアニメ賞 最優秀ミステリアニメ賞 最優秀探偵アニメメタファー賞 二期連続受賞 

○ ゴーストハント

 もはや何も言う事はない、お食事処では、このゴーストハントを、2006年度アニメにおける、最優秀アニメに推す。


□ 主演ヘタれ賞

○ おとぎ銃士赤ずきん

 元は食玩アニメとして出発したとはいえ、いざシリーズ化となった上で、その原案と設定を、映像作品としてのアニメシリーズへ、エンコード出来無かった原案者は、もしかしたら映像作品としてのアニメを理解していないのでは無いかと感じた。同様にキャラクター原案担当であった、つくしあきひと氏にも同じ思いを感じるものである。

 何故、映像の特質を理解できない原案者が、アニメ原案者として評価されるか館長には理解できない。 

 食玩のCF(コマーシャルフィルム)と、シリーズとして、映像上で独自の世界感を新たに形成するアニメは、似ている様ではあるが、その存在のベクトル位置は全く違う処にある事を知るべきだ。 

 館長は、彼等原案者を、CFの原案者としては評価するが、アニメ作品の原案者としては評価できない。 

 公式ページで、繰り広げられた、各キャラ設定、世界感のプレビュー等は、メディアミックスの一環であろうが、それはアニメが自律的に存立している事が大前提である。

  それ以外は、原案スタッフの、ゴマカシと逃げでしかない。

 蛇足として、アニメ制作担当の、マッドハウス は、よく頑張った方だと思う。


□ オムニバス賞 タイムスケジュール優秀賞

 ○ がくえんゆーとぴあ まなびストレート

  1クールという限られた話数を、敢えて逆利用し、エピソード配分に工夫を重ね内容を構築した部分は高く評価できる。第四四半期では、ゴーストハントと並ぶ優秀アニメ作品として館長は推す。

めろりんきゅ〜♪(by 桃葉)


□ 総評

 ○ 混沌極まれば通ずと言う格言を醸すアニメが多かったと結論する。

 以上 お食事処恒例、アニメアカデミー賞でした。


 2007年度アニメ 北部九州軍管区(テマ) タイムスケージュール。

 □ 放送開始

○TVQ (月) 25:53〜 らき☆すた放映時間に注意)

○TVQ (金)17:30〜 かみちゃまかりん  (コゲ……か)

○RKB (土)18:00〜 地球(テラ)へ… (前作のリメイク……か)

○TVQ(土)27:40〜 アイドルマスター (第一線級空母声優が勢揃いだ)

○TVQ (日)10:00〜 ハヤテのごとく (第一話視聴で挫折しました)←ヒデエ

○TVQ (日)26:45〜 ながされて藍蘭島 (ダメハーレムアニメ)

同じ、ギャルゲ エロゲ原作なら南国さく乳アイランド(注・18禁)の方が←へんたいしんじゃえ!)


 □ AT-X 方面 録画中 STD

○ ATX (金) 11:00〜 ひとひら (全13話) いい感じだ、麦だから胸がバクバクバク(←麦麦)

○ ATX (水) 10:30〜 苺ましまろ ( 2005年度作品 全12話) …ハマってしまった(←ダメ社怪人)

○ ATX (金) 09:00〜 すもももももも (2006年度第三四半期作品 TV放映分22話+4話?) らんま化しているな。


と言う訳で、お食事処館長です。 週末は、タイミング的にもいいので、中部ソロモン方面の作戦と戦闘を再検討しようと思い、書物と格闘する予定。

□ 知世さまの情報候察講座 プチ Topics

 ロシアは欧州 第一戦線方面でケリをほぼ付けた模様(ウクライナ問題は別次元) そして第三戦線である極東…及び大平洋における海軍力増強を示唆している。よって、海洋国家である日本は、益々、同じ海洋国家である米国、英国の海軍と、緊密な関係を模索しなければならない。

 また、中国が、日本に対し歩み寄りを模索しているのは、極東軍事バランスが、自国に不利と判断した為である。 冷戦時のソ連の平和共存、中国と米国の接近も、極東に存在する三大勢力、米、中、ソ(露)の互いの均衡が崩れた為に起こったものである。 別段、平和が目的ではない事を知るべきである。戦略的思考とは何かより 引用)

 北朝鮮問題は、繰り返すようだが、時間稼ぎである。

中近東第二戦線は、1800年代に引かれた暫定勢力線(30度線近辺)の懸案に対し、ある程度の妥協が成ったと候察する。


 お話変わり、ラテンアメリカ方面であるが、ベネゼエラのチャベス独裁政権は、何れ経済的破綻に直面すると候察する。

国内にある石油を、誰も買わなくなれば、あの国はそれまでである。

 反グローバリズムと貧困の撲滅を高々と掲げて発足したものの、富の再配分は、殆ど場当たり的且つバラ撒きの感がぬぐえない。 そして強権を発し、海外企業(ハゲタカとはいえ)の資本や設備を接収し(国有化)、更に、国際慣例を無視した対外貿易をすれば、何れどういう結果を招くか歴史を紐解けば直ぐに分かるハズである。

 しかし、この国の大統領は、盛んにロシア製の武器を物色し、確固とした戦略も無しに防衛力を増強している。 経済施策もまた、これと言ったビジョンが見えない点で同様である。 あと、貧困撲滅、医療の充実等、それら単語の羅列は、単なるスローガンであり、長期を見据えた社会福祉と、経済政策の意味を含まない点を留意すべきである。

 つまり、なかなか減らない貧困層を(減らないと思う、定義が曖昧)、どういう階層にシフトさせ、今後の経済と地域社会に対し、どのように寄与させ、反グローバリズムと対抗しつつ、国を富ませていくかって論議が出てくるならば、まだマシなのだが……。

 事実、主要な支持層である貧困層への、次なる具体的な将来的施策がよく見えない。 どうやら貧困層を金品で懐柔し兵士にするのは、米合衆国だけではなかったようだ(イヤミ) 

 さて、別の例であるが、キューバは革命後、主要取引先であった米国から、亡国的な経済封鎖と貿易の制約を受けたが、その主要生産物である、砂糖と煙草の売り込み代替先は直ぐに見つかった(欧州・日本・中国・東側共産圏) しかし、現在は基本はそのままであっても(東西の狭間)、世界の状況は多少変化している。 果たして、カストロ爺さんの商売上手と、二大超大国間で上手く泳ぎ切る外交眼を、このプチカストロを自認しようとしているチェベスは、どれだけ持っているのかは、現在の処、殆ど未知数である。

 と言う訳で、米国の裏庭である、ラテンアメリカに対する米国の締め付け(政治、経済、外交、軍事両面)は、彼等国家群の各種政策に内包された欠陥が露呈していく時期に沿って行われるものと思われる。

 ……が、ピッグス湾事件での苦い思い出があり(1960-61)、次期米政権担当が、ほぼ確定している米民主党は、しばらくは静観の構えであろう。 彼等の仕事は、如何にして、威信の喪失と、当該地域での勢力圏後退を最小限にしつつ、イラクから撤退するかである。


 結論として、残った地政学上の懸案は極東だけの模様と締めくくって、知世さまの情報候察講座のトピックスを終了する。

□ 今夜の教訓

 らき☆すた 藍欄と続く、週末週明けのラインナップに際し、天佑を確信し、全軍粉骨砕身録画セヨ。

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る


「海図の謎(今も謎な南太平洋)」 2007/04/04

地図も海図も出さず、ギゾ島と騒ぐ日本のマスゴミに糸色望したー!(乾き切った声で挨拶)

 中部ソロモン、ニュージョージア島、ギゾ島付近海図(米軍 1943年)

激戦の地です。

中部ソロモンにおける、日本海軍航空隊、艦隊、陸軍将兵の最前線であり墓場!

と言う訳で、マスコミ方面から、この方面の地図が出て来るのを待つのは時間の無駄なので、何事も自力で何とかする事をモットーとする、萌え風水GI将官たる館長は、中部ソロモン作戦辺りの蔵書を引っ張り出し、周辺の概念海図を作ってみた。(参考・ニミッツの太平洋海戦史(168頁・第23図)他…多数)

画像はタグで縮小表示指定されてます(結構デカイ)。

地図が無いなら、本の山を発掘してでも自力で作る。これが萌えアニメ風水学の極意である。

追加(07/04/07)

現在のニュージョージア付近の地図( ソログ ソロモン諸島研究ブログより)


それと、ソロモン群島方面の地理や歴史に、まったく無縁な逸般の方に対し、何とか興味を持って欲しいと、緩やかにバイアス掛かった記述をする人もいると思えば、血気盛んに鼻血ムンムンで頑張る方もいるようだが、どちらも、上に示した、たった一枚の地図すら載せようとしないのは何故であろうか。

そこで、全て語るに落ちている気がするのは館長だけであろうか。


館長は、この方面の地図一枚、単純に載せる事こそ、この災害の意味と、その復旧に対する困難さを雄弁に物語るものと思っている。

しかし、まぁ、何れにせよ館長としては、実に頼もしい限りである(すいませんすいません←地べたに額に擦りむけながら)

と言う訳で、春季アニメ攻勢の開始である、天佑を確信し、全軍突撃セヨ(何で?)

□ 今夜の教訓 

 4月か……また、日本にとって余り良くない日が来るな……。

 地震はニューギニアからの火山性地震だと思うが、なにやら因縁めいた物を感じる館長であった。

□ 知世さまの世界情勢講座も、そろそろしないとアカンな。

 英米露の新聞を候察するに、だいぶ互いの勢力関係(各戦線における優劣)が見えてきたからだ。  

最初に戻る  このTOPに戻る  Index に戻る